2009年06月17日

500の思い出

今見たら、500の思い出写真をあまり載せていなかったので
気の向くまま追加投入しますかわいいかわいいかわいい

DSC_0107.JPG
アンコーナ空港でピックアップしたときの記念写真。
嬉しくって、人っ子ひとりいない空港&空港駐車場で撮影しまくるぴかぴか(新しい)

DSC_0169.JPG
フェルモの町外れの駐車場で。聖堂が閉まっていて写真を撮れなかったので、ふてくされて車の撮影にいそしむぴかぴか(新しい)

DSC_0171.JPG
後ろ姿が一番好きだな-。
丸っこいから後部座席は天井低い目なんだけど、気にしないぴかぴか(新しい)
だって運転席以外に乗らないし(笑)

DSC_0273.JPG
ノルチャ近郊マドンナ・ビアンカ聖堂(16世紀)
ここでも聖堂は閉まっているけど、気にせず撮影カメラ

DSC_0263.JPG
こっちは町でみかけた旧型の500。新型では赤が可愛くてNo.1なんだけど、旧型は黒いのも渋さが出て良いなー(*´∀`*)

今日はここまで〜
DSC_0390.JPG
ノルチャで500から離れてくれなかった猫
posted by maimai at 01:57| ローマ | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記−まいまいするもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

相棒は新型500

4月にイタリアに調査に行ってきました。

今回の相棒はこの子。
DSC_0239.jpg

FIATの新型500(チンクエチェント)1.2POPです。

ちょっと小さいけど、パンダと同じくらい
操作もしやすくキビキビ走って、なかなか大活躍でした。
(まあ、パンダ君とはプラットフォームが同じ兄弟車らしいから、パンダと似た操作性なのは当然か)

DSC_0432.jpg

今回もいろいろトラブルだらけでしたが、
マルケ、ウンブリア、アブルッツォを1600km走破してくれた働き者です。
DSC_0436.jpg

内装はこんな感じ。
DSC_0149.jpg


もちろんマニュアルです。
DSC_0150.jpg


セミオートマの500なら日本で1回だけレンタルしたことがあるんですが、
オートマモードでは加速が遅くってガックンと切り替わるわ、
マニュアルモードではギア操作を誤って車にダメだしされるわと、
慣れるのに時間がかかってしまって、イマイチ楽しめなかったのです。
おまけに高速で飛び石まで貰ってしまったしΣ(゚д゚lll)

今回はマニュアルの500が運転できて、とっても良かったですぴかぴか(新しい)
アバルトだったら、いや、せめて1.4SPORTだったらもっと良かったけど(;・∀・)



ちなみに、今回はネットで直接申し込むのではなく、
日本の提携代理店を通じて予約しました。

ただし、私の利用した代理店では、Fiat500=Bクラスの指定ができません。パンダのあるAクラスの次は、プントのあるCクラスまで飛んでしまうんです。


[予約時の私]
(´・ω・`)うーん、困ったなぁ、Ancona空港に500が配車されているのは掴んでいるのにあせあせ(飛び散る汗)予約できないのかぁ。でも500乗りたいなぁ。

( ゚д゚)ハッ!
BクラスもCクラスも値段は一緒だし、現地のレンタ屋さんにお願いすればいいやん。


と言うわけで。いそいそと現地レンタ屋さんへお手紙を書き、それを添付してもらえるよう、日本の代理店に頼んでみました。

文面はこんな感じ。
「 Ancona支店 御中
 日本の代理店を通じ予約をお願いしていますが、こちらからの予約では500のクラスを予約することができません。しかし私はあなた方の素晴らしい車、500に惚れ込んでおります。残念ながら日本でレンタルすることは難しく、イタリアでそのチャンスをいただければ幸いです。あなた方がもし私に500と過ごす機会を与えてくだされば、私の旅は一生忘れられない、素敵なものとなるでしょう。云々。」
注)一応言っときますが、行くのは作品調査です。

ふ。。。ふぉー。。。(〃ノωノ)
日本語にするとなんて恥ずかしい文面だたらーっ(汗)たらーっ(汗)
日本の代理店の方が、イタリア語を読めないことを祈るばかり。。。

そういや、予約の手続きのことで代理店に電話したとき、
担当者は違うのに名乗っただけで即座に
「あ、イタリアでご予約されている方ですね(^_^)」と言われたけど。。。
。。。いやいや、まさかね(; ̄ー ̄川

まあ、そんな文面を送ったためかは解りませんが、
白・黒の500もある中、赤い500と旅をすることができたわけです。


やっぱり、イタリアでは言ってみるもんだなぁ。。(。-ω-)

DSC_0245.jpg
ノルチャ近郊、サン・サルヴァトーレ聖堂
posted by maimai at 01:22| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記−500日誌− | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

赤い車輪

謝恩会の帰り。

4月からいなくなる面子を思い、
寂しい気持ちになりつつ歩いていて、ふと前を見ると。

DSC_0137.jpg
赤い車輪(゚Д゚;)

こっちの角度からこの車輪を見るのは初めてで、
建物の合間から、にょっきり生えている姿に吃驚( ゚д゚)

いつも通学途中に見てるときは違和感なかったけど、
角度変えて見てみると、違和感ありまくりだ。。。
posted by maimai at 23:49| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記−楽しいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

花灯路

京都市近郊に住んでおきながら、
5年ほど前から始まった花灯路に行くのは初めてだったりします(;・∀・)

DSC_0046.jpg

DSC_0073.jpg

DSC_0090.jpg

DSC_0100.jpg

DSC_0108.jpg
ゴールの清水寺。
時間ぎりぎりだったのもあり、中には入らず・・・
・・・わたし、20ウン年京都近郊にいながら、いまだに清水さん入ったことないなぁ・・・
posted by maimai at 12:06| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記−楽しいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイマイと呟いてみる

ご無沙汰しております。
一年以上、ほったらかしにしてきたこのブログですが。。。
どうしようか(閉鎖するかどうするか)いまだに悩み中あせあせ(飛び散る汗)

「続」を開設した当初の趣旨は、
ナマのイタリア生活をお届けする!!だったハズなのに、
いつの間にやら、面白イタリア生活とイタリア人のブログに(゚Д゚;)あせあせ(飛び散る汗)

でも、イタリア生活終わっちゃったから、もうネタないしねぇたらーっ(汗)たらーっ(汗)

まずは備忘録的に写真でも載っけていきましょうか。。。
(飽きっぽいので相変わらずの気まぐれ更新ですが)

あ、写真はいまだに下手っぴですので、期待しないでくださいな。
チマチマ修行は積んでいるものの、いまだに
「ど素人3級」くらいかな。。。

あ、ど素人5級〜1級→素人5級〜1級→アマチュア5級〜1級→セミプロ→プロ(雲の上)ってな感じに捉えてます。
上手い人は、細かく評価なんてできなくって、漠然と「はぁ〜上手いねぇ」としかわかりません(苦笑)
私は1月には押しも押されもしない(?)「ど素人5級」だったので、
ほんのちょこっとは上に上がれた。。。と思いたい。。。なぁ。。。
posted by maimai at 11:53| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記−楽しいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

手に入ったのはいいけれども

10月に警察出頭を終えてから、早5ヶ月が過ぎ。。。

昨日ようやく新しい滞在許可証が手に入りました!!


。。。
。。。。。。って、私、あと2週間たらずで帰っちゃうんですけどヽ(;´Д`)ノ


前回、4ヶ月後に取りに来てっと言われたものの、

2月のはじめ頃に確認に行って見ると、
滞在許可証発行済み者名簿の中に自分の名前は入っておらず

3月のはじめ頃に出直すと、
おぉー名前があった!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
    ↓
警察名物の揉みくちゃ行列に、耐えること45分。
受付のおばさん「受け取り?受け取りの時間は火曜の午前午後と木曜の午後だけよ。私たちは、受け取りのための時間を増やしたの(えっへん←自慢げ)」

そっかー。午後も営業するようになったんだー
エライねー

って。
今渡してくれないってことデスカ!?ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

再々度、出直し決定。
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ここ、町外れで結構遠いのに。。。


そして、昨日。
もう一度警察に行って見ると、いつもと打って変わって
ロビーに誰も居ない。

ラッキー!?一番のり?と思いきや、
奥の別館ほうで人の気配がするので行ってみると。。。

うわー。。。長蛇の列だよ(゚Д゚;)
(どうやら、受け取りの部屋は別館に変わったらしい)

もうあと2週間で帰るわけだし、
別に受け取らなくってもいいんじゃないの?
いや、でも確か滞在許可証は帰国時に返納義務があるんだっけ。
受け取らないなら受け取らないで、
出国とか次にイタリアに入るときとかに
ややこしいことになりそうだしなー(*´д`;)

それに新しいハイテク許可証とやらを一目見てみたい。。。

ふぅ。よしっ並ぶかっパンチ
iPodを聞きながら気長に待つこと1時間半たらーっ(汗)たらーっ(汗)

ようやく手に入りましたよっ新許可証!!

P1060971.jpg
(写真は恥ずかしいので熊で代用(笑))
ホログラムだのICチップだの、
出来うる限りの技術を頑張って詰めてみましたっという感じの
新許可証。

活躍するときは。。。おそらくありませんたらーっ(汗)

6月からずーっと手元に持っていた
ぺらぺらの滞在許可証更新の領収書のほうが、
よっぽど活躍してくれてました(;・∀・)

それなのに、滞在許可書表面に
発行年月日 2007年6月12日
(↑書類を提出した日)
って書いてあるし・・・
思わず「嘘つくなっヽ(`Д´)ノ」とツッコミいれちゃったわ。。。
posted by maimai at 16:55| ローマ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

パンダ日誌(黒)Σ(゚д゚lll)

先月末、研究室の仲間3人が来伊し、
マルケに来てくださることになりました。

マルケの美術品を見るなら、車なしでは無理っ!!
ということで、再びパンダを借りました。
P1060733.jpg
今回は黒いパンダ君です。

後から気づいたんだけど、
4人で山ばかりの街を走り回るには、パンダ君じゃちょいと力不足でした。
だって。。。急斜面(歩行者用には階段が付けられているたらーっ(汗))では、発進できませんΣ(゚д゚lll)ガーン
乗員1名でサイドブレーキ引いててもズルズル下がっていくのに、1.2リッターエンジンでどう発進しろと。。゚(゚´Д`゚)゚。
私の運転技術じゃ無理デス。。。

まあ、そんな無理やり坂道発進をさせたり
(↑結局2人降りてもらった(笑)ださ。。。)したのですが、
このパンダ君、それ以外にも受難がありまして。。。


それは、ベルギーからイタリアに入ったnahaちゃんを迎えに
アンコーナ駅に行ったときのこと。

アンコーナは、3年前、
目の前でプジョー206が廃車になる瞬間を目撃したり、
旧市街の狭い道を高速で、サイドミラーぶつけながら
走り去るトラックを見たりと、
正直あまり運転したいと思えない地域なのですあせあせ(飛び散る汗)

そのアンコーナの交通事情の中でも、
カオス度の高いアンコーナ駅前にて、nahaちゃんと合流。

荷物を載せてさぁ出発っ!!
。。。と、はりきって発進するも、すぐに信号に引っかかるパンダ君。
ふと右隣を見ると、駐車していた白の旧型パンダが
無理やりこっちに入り込もうとしているΣ(゚д゚lll)

おっちゃん、それ無理っ無理やからっっ(゚Д゚;)
この車線、一通で狭くって車多いねんでっ

と、左側ギリギリに逃げつつ
クラクションを二回鳴らして警告する私たらーっ(汗)
(↑イタリアで身についた悪いクセ)

おっちゃん、手ぇ振ってるし(゚Д゚;)
違ーう、挨拶のクラクションじゃないっヽ(`Д´)ノ

と、突然、進入を諦めるおっちゃん。

そう、そうだよ、無理はダメだよおっちゃんたらーっ(汗)
と、安心しつつ目的のアンコーナ大聖堂へと走り、
大聖堂前停車したパンダ君を見て、発見。
P1060666.jpg
リアバンパー、割れてますがなΣ(゚д゚lll)

駅前で荷物を積んだときには綺麗だったのに。。。
考えられるのは白い旧型パンダのおっちゃんバッド(下向き矢印)

音がしなかったんで気づかなかったんだけど、
ぱっくり割れちゃっておりますたらーっ(汗)

いっつもレンタを借りるときには、
車両代よりも高い保険代に躊躇しブツブツ言いながら払ってたけど、
今回ばかりは保険はいっててよかったわ。。(;´д`;)

まあ、いろいろと受難はありましたが、
黒パンダ君で5日間、1000kmほど無事走破しました。
。。。そして解散後に、私一人マルケ南端とアブルッツォまで出かけ、さらに750kmほど走ったりたらーっ(汗) 相変わらず大活躍のパンダ君なのでした。
posted by maimai at 18:17| ローマ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

天気がいいのでたまにはマチェの話でも

天気がいいので、お散歩がてら町外れにある
S. Maria delle Vergini聖堂に行ってきました。
P1060580.jpg
まあ、「お散歩がてら」と軽い気持ちで出かけたら、
意外と遠かった&坂道ばっかりだったので、帰りはバテ気味でしたがヽ(;´Д`)ノ


P1060632.jpg
1582年に完成。(ファザードは1587年)中央の8角形ドラムのクーポラは、やっぱしロレートの大聖堂の後に作られたからか。

P1060582.jpg
外見のすっきり具合とは裏腹に、中はバロック装飾いっぱい。

聖堂の名前の由来にもなったのが、ウンブリア派のGiovanni de' Carrisによる"Madonna delle Vergini"。
P1060592.jpg

慈悲の聖母の形が来ることは予想してたけど、
「delle Vergini」というからには、女の子だけが登場するんだと思ったのになぁ。。。マリアの右側が男子なのかぁ。。。
あ、男子にもVergineは使えるかあせあせ(飛び散る汗)いや、でも男子も含めるなら「dei Vergini」になるから違うんじゃないかい?

と、ぶつぶつぶつぶつ。。。。
呟いていると。

??あれ?なんか視線を感じるんですけど。
おかしいなぁ、この聖堂には、入ってきたときから誰も居ないし。



うーん、気のせい?

。。。とふと上を見て。
( ゚д゚) ・・・ん?
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・えっと。
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?



P1060589.jpg
ジョーズッ
、じゃなかった
わ、わにΣ(゚д゚lll)

な、なんじゃこりゃ。。。
わにが、ですよ?
聖堂の中に、ですよ?

ぶらさがっているあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
P1060588.jpg
シュ、シュールだあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

近くにあった、説明にはこうあります。

(日本昔話調にお楽しみください)
むかーしむかし、1590年くらいのことじゃ。
Chientiの川の近くに、動物を食い殺しては、
人々を恐怖に陥れた一匹のワニがおったそうじゃ。
何人もの者が狩ってやろうとしたものの、
その硬い鱗のせいで、成功せなんだバッド(下向き矢印)
ある日、ワニは動物だけに飽き足らず、農夫の子供をさらったんじゃ。
農夫は、子供の叫び声を聞いて、熊手を手に走り寄った!!
するとワニは子供を口から出して、農夫に襲い掛かろうとしたっ!!
しかしこのとき、2人は篤い信仰心で、マリア様(SS. Maria delle Vergini)の名を呼びながら、熊手を腹に突き刺し見事、ワニをやっつけたのじゃっ

こうして、このワニはこの聖堂に贈与されたのじゃった。。。


えっと、、、なんか、日本の寺に河童のミイラがあったりすることを思い出しちゃったよ。。。あ、でもあっちは祀られてるんだっけか。。。


よっぽど、ワニがびっくりしたようで、この日のメモには、

聖堂の目玉のティントレットの《キリスト生誕》(1587年)よりも
P1060599.jpg
主祭壇のCesare Conti di Anconaによる《最後の晩餐とカナの婚宴》よりも
P1060603.jpg
大きな字で「ワニ!?」って書いてありました。。。

posted by maimai at 02:07| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

メトロポリタン

美術館の創設年を知りたくって、ググっていたら
こんなもんがexclamation&question( ゚д゚)ハッ!

うぉー、懐かしい・゚・(つД`)・゚・




子供の頃にこれを見て、
夜中に美術館探検っていいなー(・∀・)
どうすりゃできるんだ?トイレに隠れりゃいいのか?
でも夜中にミイラの部屋には行きたくないだろ
って真剣ぴかぴか(新しい)に考えていましたよ。

そして衝撃のラストΣΣ(゚Д゚;)
うーん、やっぱ、今見ても怖いな。。。
え、なんで( ̄□ ̄;)!!って思っちゃうよ。
それにドガの絵に閉じ込められても、
踊り子さんに囲まれて困っちゃうしなー

メトロポリタンの絵に閉じ込められるんだったら。。。
クリヴェッリ!!・・・は、
目つき悪い人たちに囲まれて
怖いだろうな(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

あ、でも、正体のわからん聖人に
「持物少なすぎで、誰かわからんし名乗っていただけます?」
って聞けるのはいいなぁ(*´д`;)
ってか、全般的に宗教画の中は怖いよな。。。痛そうだし。
フェルメールあたりが無難か。。。
あ、ラ・トゥールの絵の中で、「後ろ後ろーexclamation」て言ってあげるとか(*´д`;)

。。。と妄想を膨らませて
(こーいう妄想癖は子供の頃から変わらんなたらーっ(汗)
曲をリピート再生るんるんるんるん


・・・あ、あれ(;・∀・)ハッ?
私、何調べてたんだっけかあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by maimai at 20:05| ローマ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

電話での攻防2戦目

さて、サッサリの観光案内所との電話を終えた後、
間髪居れずに、教えてもらったサンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂(SS. Trinita' di Saccargia)の連絡先にも電話をかけます。

ぶー、ぶー ←呼び出し音
ガチャ。

私 「あ、もしもし。こんばんわ。サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂の開館時間をおしえてください。」

お姉さん 「え、閉まってるわよ。」

ハイ!?ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

私 「え、ミサやらないんですか。観光案内所に『開いているハズ』って言われたんですけど。」

お姉さん 「復活祭まで、あの聖堂は開けないの。

あけないって、断言ですかヽ(;´Д`)ノ
ええい、根性っ!

私 「復活祭の頃には、私もう日本に帰ってるんです。
   なんとかなりませんか?
   博士課程で美術史を勉強しているんで、ぜひ見たいんですっ
  (別に専門と関係はないんだけどたらーっ(汗))」

と、食い下がるも

お姉さん 「私には関係ないもん。復活祭まで開けないんだって。」

見事敗北。。。orz
そりゃー、お姉さんには関係ないでしょうけどたらーっ(汗)たらーっ(汗)


そんなわけで、サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂は外からの見学のみになりました←中が見れなくても行った(笑)

サッサリから南西に十数キロ、羊さんとヤギさんと牛さんがいっぱいの牧草地帯の中に、ぽつんと建っている可愛らしい聖堂でした。
P1060203.jpg
黒と白のコントラストがよいぴかぴか(新しい)

P1060206.jpg
正面から。

P1060197.jpg
ポルティコの一番左の柱にだけ、牛のレリーフ付の柱頭が。
前日に見たアンゲル・ルユ遺跡(ネクロポリス)でも壁に牛の角や頭のレリーフがあったなー、と思い出し、今も昔も中世も牛好きなんだねーと思わずニンマリ。

内陣には13世紀のフレスコ画が残っていたらしい。
サルデーニャでは珍しいフレスコ画、見たかったなー。。。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
posted by maimai at 03:08| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ー旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。