2007年03月29日

もう終わるの?Σ(゜口゜;

本日は、週に3回ある中世美術史の講義の日でした。
(1コマは2時間です)

この授業は概説なんやけど、
教授のPC内に取り込まれている、凄い数の写真を
見せて貰えるのが楽しい授業ですグッド(上向き矢印)

なんせフライング・バットレスの例だけで次々と7つもの聖堂建築見せて貰えるんだもん。
いいなー、あのPC。。。

今はゴシック建築のさわりをやってるんで、
まだまだ彫刻、絵画へと続いていきそうなこの授業。

本日の授業終了時に教授が言わはりました。

「はい、じゃあ、次の授業で終わりってことで。」

・・・

え、ええっ??Σ(゜口゜;

もう終わるの?こないだ始まったばっかりやん。

慌てて周りの子らに聞いてみると、
「来週から復活祭休暇でしょ。で、休暇明けに一回やって終わりだよ」とのこと。


ええ・・・Σ(|||▽||| )

だってさ、この教授、シラバス上の授業開始よりも
一週間遅れて開講して
途中、謎の1週間の休講があって
さらに先週にはオープンキャンパスだからとなぜか休講になって、
実質、5週間(一回休講含む)
しかやってませんが・・・

そしてシラバスには5月まで補講含み授業期間となってますが・・・( ̄□ ̄;)!!

それに、オープンキャンパスで休講になったとき、
「大学っちゅうのは、授業をさせてくれないんだ」って
プリプリしてはったのは、教授やないですか( ̄Д ̄;)

そのプリプリ怒ってはった教授、教室から出る私たちを、
にこやかに「よい休暇を(*´∇`*)/」って
手振って送り出してくれはるし・・・

むー。しかしいくらなんでも少なすぎぢゃ(;´Д`A ```
posted by maimai at 06:36| ローマ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

不審携帯

大学の研究室の配線工事が中々終わらないので、
最近は携帯と権ちゃん(PC)をBluetoothで繋ぎ、
家からUMTSでインターネットに接続しております。

配線工事の終了は、張り紙では2月ってことになっているんだけどな・・・いつ終わるのかな(;´▽`A``

今日も携帯のBluetoothをOnにし、
権ちゃんと接続しようとしたら、
携帯が「ピーッ」となり出しました。

(@'ω'@)?
どっかから私の携帯に繋ごうとしている人がいる?

携帯の表示 「新たにペアリングしますか」

いやいや、しませんて。
てか、どちらさんですか?
あ、私の携帯に繋ごうとしている携帯の名前が表示されて・・・


(; ̄ー ̄)...ン?

接続を試みている携帯の名前 「Io sono immortale」
訳=私は不滅だ


ひょえーあせあせ(飛び散る汗)なんか電波な名前の携帯が
私の携帯に電波飛ばしてるよーガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

凄いなー、このネーミングセンスたらーっ(汗)たらーっ(汗)
名前なのに名詞じゃなくって、文章だもんな・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

posted by maimai at 05:40| ローマ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

今度はOKONOMIYAKI

今日はお昼ご飯に
おにぎりとお好み焼きを作って、
友人達と食べることになりました。

その名も「Pranzo di cartoni animati」
訳すと、「アニメの昼食」

・・・なんか、訳すと凄いな( ̄ー ̄;


なんでこんな昼食会が行われることになったかというと、
以前エマヌエラのお家でお菓子をご馳走になった際、
「私たち、小さいときはずーっとアニメを見てたんだけど、
その中でOKONOMIYAKIって食べ物が出てきたのね。
で、ずいぶん前に私たちも作ってみたのよ」
と言われたのです。

でも、話をよく聞いてみると、
和風だしはないから、こちらのコンソメを使用し、
長芋もないから入れず、
スーパーに売ってるウスターソースで作った、とのこと。

。。。。それは、かなり味が違うのでは(;´▽`A``


「よーし、それじゃあ、ちゃんとしたお好み焼きを作るから、
食べに来てよ!」とエマヌエラと妹のゲバリータを誘ったのが、
一ヶ月前のこと。


そんな中、以前図書館で声を掛けてくれたアンナと何回かメールのやりとりをしているうちに、アンナもまたアニメ好きだと言うことが判明しました。

アニメ好き多いなー。
でも、マルケでマチェより規模の小さい街に住んでる子供って、
学校から帰ったらあまり遊びに行くとこも子供も少なそうだし、
お昼間に流れているアニメを見ちゃうのは、必然なんかも。。。


アンナ曰く、
「私はセーラームーンが好きなの!それで、その中でよくONIGIRIって出てくるから、2回ほど試してみたのよ。
でも全然うまくできないの」

はい、おにぎりも作ることに決定むかっ(怒り)


そこでアンナに「おにぎり作るから、食べにおいでよ。あと、私の友達のリクエストでお好み焼きも作るんだけど」とメールで誘ったら、
アンナからの返事がすぐに返ってきました。
「まー、OKONOMIYAKI嬉しい。食べてみたかったの。
だって、RANMA 1/2でUKYOがいつも焼いているんだもの」


らんまにお好み焼き焼く子なんていたっけな???ヾ(゜ー゜ヾ)^?。。。ン?
らんまは漫画で随分前に読んだことがあるけど。。。わからん。
まあ、いいや、喜ばれているし。


そんなこんなで、
鮭とおかかのおにぎり(←ちゃんとアニメらしく3角形で海苔も巻いた(笑))と
お好み焼き(ミックス)
を作りました。

写真はありません。
お好み焼き焼くのに忙しくって忘れてました。
ホットプレートなしだと、やっぱり大量に焼くのは大変だなー。

出した料理を見て、
エマヌエラもゲバリータもアンナも
「まーアニメで見たのと一緒ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
と、感動して食べてくれました。

そしてお好み焼きを食べながら、
昔ずっと見ていたというアニメで盛り上がる3人。。。
なんでもそのアニメの中で、
しょっちゅうお好み焼きが登場したらしいのです。
でも、そのアニメの生まれた国出身の私だけが、
話に着いていけませんでした(´・ω・`)

主人公のお父さんがお好み焼き屋さんで、
主人公は歌手を目指してて、
妹がいて・・・ってアニメらしいけど、
全然わかりません。
誰か知ってたら教えてください。
話を聞くがぎりでは、多分かなり古いアニメです。


他にもアニメの中で登場する食べ物は謎が多いし、
食べてみたいのよーとのことなんで、
次回の参考に、何が食べてみたい?と聞いてみました。

エマヌエラ 「えっとね、ジャガイモをね、
       紙でくるんで焼くの。あれって美味しいの?」

えーっと・・・
ジャガイモ?

・・・芋、イモ・・・

あ、焼き芋のことかしらんひらめき( ̄0 ̄!!
 

私 「落ち葉の中に入れて焼くやつかな?」

エマヌエラ 「うん、そう」

私 「あー、あの芋はこっちのスーパーでも見たからできるけど・・・秋の食べ物やし、落ち葉ができる秋まで待ってね(; ̄ー ̄川 」


アンナ 「私は、セーラームーンでよく見た、白くってまん丸いドルチェを食べてみたい。」

で、でた、謎なドルチェ。。。
何や?
ほんまに甘いもんなんか?

アンナ 「うーん、よくセーラームーンが学校帰りに食べてたの。これくらい(手で形を作る)で、確か先がとんがって」

おはぎ・・・じゃないよね。
そんな渋いモン学校帰りに食べへんし。
んー、先がとんがってる?

とんがってて、白くって、丸くって・・・

ひらめきΣ(・o・;)
それは、肉まん、やないでしょうか。

やっぱし甘くないやん(;´Д`A ```
(あんまんは先は尖ってないもんね)

アンナ 「え、ドルチェじゃないの?美味しいの?作れる?」

(  ゜ ▽ ゜ ;)!!
蒸し器もってへんし、作ったことないし・・・ごめん、無理です・・・

アニメを作る方、もう少し簡単な料理を紹介して頂けると助かります(; ̄ー ̄川
posted by maimai at 05:36| ローマ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

SUSHI再び

同居人のエリザから、「SUSHI食べてみたい。この間食べられなかったし」とお寿司のリクエストを受けたので、
巻き寿司を作ることにしました。

せっかく作るんやし、
大体一回作ると大量にできちゃうんで、
語学授業の友人、ポーランド人のアガタも家に呼ぶことにしました。

SUSHIなんてイタリアにはレストランも多数あるし、
マチェの大型スーパーに怪しげな「寿司作りキット」(海苔と醤油、巻き簾と箸がセットされているらしい・・・ご飯はないのか?)も売っているし、
バスで一時間のチヴィタノーヴァにも中国人経営と思われるテイクアウトのすし屋ならあったし、
それなりに市民権を得ている・・・と思っていたのですが。

アガタ「まー、SUSHI?
    行く行く。
    ポーランドにもね、SUSHIレストランってあるんだけど、
    行った事ないの。
    でもね、人生長いんだから、
    一回は挑戦しないといけない
と思うの。
    魚に火が通っていないなんてあり得ないけど、
    一回は食べてみないと。」

いや、そんなゲテモン扱いせんでも。。。ねえ。
大体、マチェで生の魚を食べる技術も技量も勇気も持ち合わせていないんで、具はサーモンが限界です(; ̄ー ̄川


作ったのは、
オーソドックスな太巻き、
ツナマヨ+キュウリの巻き寿司、
サーモンとクリームチーズ+アスパラの巻き寿司、
とほうれん草のごま和えと肉じゃが、
蕪とネギのおみそ汁。

P1010762.jpg
あ、肉じゃがとおみそ汁撮るの忘れてた。。。

日本で巻き寿司なんて作ったこと無かったけど、
だんだん巻き方のコツがわかってきた。。。
なんでイタリアで和食作りの腕を磨いているんだろ。。。

初めて目にする、お寿司に
目をまんまるにしながら観察・分解(笑)しつつ、
2人とも完食してくれました。
2人は箸を使えないんで、「手で食べるといいよー」と言ったんですが、ナイフとフォークで綺麗に分解して食べていました。
。。。分解しない方が美味しいのに。。。うう。

そして肉じゃがとほうれん草のごま和えは一緒にして食べられていました。。。
京風薄味なんで、ほうれん草に味がないと思われたのかしらん。。。自分の中では濃いめに作ったんだけどね。

ちなみに、この日は写真の倍量の巻き寿司を制作し、
日々お世話になっている国際交流センターの人たちに
翌朝差し入れしました。
アガタに声を掛けたときに、「私も食べてみたい!食べたことないんだもん!」と言われてたのです。。。
でもって国際交流センターの人達は、14時に仕事終わると即実家に帰るんで、夕食に来るのは無理だそうで。。。

うーん、マチェのお寿司屋さんになれるな、私( ̄ー ̄;
でもしばらくは寿司は作りたくないな。。。やっぱ面倒だし・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...
posted by maimai at 05:51| ローマ ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

イタリアンセールス電話

先日大学にて、授業の合間に
お弁当のベーグルサンドをパクついていると、
携帯が鳴り出しました。


私(こんな昼間に電話って珍しいなー)
 「もしもし?」

お姉さん 「ブォンジョールノ!!
      私、Vodafone○Xセンターのアンナと申しますー
      実はこのたび新たなサービスができましたので
      紹介いたしますー
     (↑と、いうようなことを言ってる気がする。)
      というのはですねー今まで通常○ユーロ掛かっていた
      固定電話への電話が
     (この後異様に長い説明が続く)」


ふぉΣ(゜口゜;
そんな、めちゃめちゃ早口でまくし立てられても
何言ってはるんか、サッパリわかりませんて。
凄いなー。どこで息継ぎしてはるんや?
イタリア式、立て板に水のセールス電話か( ̄Д ̄;)


感心している間にもお姉さんはどんどん喋り続けはります。
なんか一ヶ月の固定料金で料金がどんだけ特になるかを
説明してはる・・・ような気がする(←自信ない)

ずーっと喋ってはるんで、こちらから口を出せません。
一瞬切ってやろうかとも思いましたが、
とりあえず、お姉さんを止めることにしました。

私 「すみません、すみませーん
   ちょっと聞いて貰えます?」

お姉さん 「は、はい?」

私 「あのー、そのお知らせとやらは重要なんですか?」

お姉さん 「重要です(断言)
      なぜならこのキャンペーンに応募すると。。。」


ああ、また長い説明が始まってしまったΣ(|||▽||| )
だから早口すぎて何言うてるかわからんちゅうに。
もう、もう一回止めるか(−。−;)


私 「すいませーん、聞いてください。
   よくわからないんで、要点だけ言うてもらえます?」

お姉さん 「あー、あら、そうなんですねー
      イタリア語よくお解りにならない?」


( ̄∩ ̄#
ええ、お解りになりませんよ、そんな早口Σ( ̄皿 ̄;;


解らんのは自分のイタリア語の未熟さが原因やけど、
そんな話し方をするお姉さんに言われると、なんかむかつく(-_-メ;)

お姉さん 「今、VodafoneCasaというサービスを
      お勧めしているんです。
      ずいぶんお得になるんで、あなたによいと思うのですよ。
      月々のわずかな負担で、
      登録した自宅固定番号への電話が、
      なんと無料になるんです!!
      例えば今まで一月に○ユーロの電話をしていたら・・・(また説明は続く)」


えーと、これは止めないといかんでしょ。

私  「すみませーん。すみませーん。
    つまり、固定料金を払うことで、
    自宅への電話がかけ放題になるってことですか」

お姉さん 「はい、とってもお得なんですよ。
      今、この電話で登録頂くと・・・」

そりゃー、毎日毎日マンマに電話してるイタリア人にとっちゃあ
お得かもしれんけど。。。

私  「私の家、日本にあるんですけど。

お姉さん 「・・・(絶句)」

あれ、お姉さーん、あんだけ喋ってたのに黙っちゃった。

お姉さん 「・・・
      ・・・じゃあ
      イタリアに家は持ってらっしゃらないんですか」

私  「あー、(家はあるけど固定電話が)ないですね。
    キャンペーン適用内ですか( ̄ー ̄)?
    だったら嬉しいですね。」

お姉さん  「え・・・
       国外ですので・・・適用されません。
       ・・・
       ・・・・・
       残念です。それでは」

あ、切れた(-。−;)

むー、Vodafoneも番号買うときとかWeb登録したときの
顧客情報もっているんやから、
電話する相手を選ぶべきなんじゃ・・・

でもイタリアにもセールス電話ってあるんやねぇ。
posted by maimai at 06:15| ローマ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。