2008年01月25日

電話での攻防2戦目

さて、サッサリの観光案内所との電話を終えた後、
間髪居れずに、教えてもらったサンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂(SS. Trinita' di Saccargia)の連絡先にも電話をかけます。

ぶー、ぶー ←呼び出し音
ガチャ。

私 「あ、もしもし。こんばんわ。サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂の開館時間をおしえてください。」

お姉さん 「え、閉まってるわよ。」

ハイ!?ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

私 「え、ミサやらないんですか。観光案内所に『開いているハズ』って言われたんですけど。」

お姉さん 「復活祭まで、あの聖堂は開けないの。

あけないって、断言ですかヽ(;´Д`)ノ
ええい、根性っ!

私 「復活祭の頃には、私もう日本に帰ってるんです。
   なんとかなりませんか?
   博士課程で美術史を勉強しているんで、ぜひ見たいんですっ
  (別に専門と関係はないんだけどたらーっ(汗))」

と、食い下がるも

お姉さん 「私には関係ないもん。復活祭まで開けないんだって。」

見事敗北。。。orz
そりゃー、お姉さんには関係ないでしょうけどたらーっ(汗)たらーっ(汗)


そんなわけで、サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂は外からの見学のみになりました←中が見れなくても行った(笑)

サッサリから南西に十数キロ、羊さんとヤギさんと牛さんがいっぱいの牧草地帯の中に、ぽつんと建っている可愛らしい聖堂でした。
P1060203.jpg
黒と白のコントラストがよいぴかぴか(新しい)

P1060206.jpg
正面から。

P1060197.jpg
ポルティコの一番左の柱にだけ、牛のレリーフ付の柱頭が。
前日に見たアンゲル・ルユ遺跡(ネクロポリス)でも壁に牛の角や頭のレリーフがあったなー、と思い出し、今も昔も中世も牛好きなんだねーと思わずニンマリ。

内陣には13世紀のフレスコ画が残っていたらしい。
サルデーニャでは珍しいフレスコ画、見たかったなー。。。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
posted by maimai at 03:08| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ー旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

マルケの裏技=サルデーニャの表技

サルデーニャ旅行の準備をしているとき、
中を見学したい聖堂はやっぱり時間割を聞いておかないといけないよなーと思い、
電話をして情報を求めたことがありました。

・・・普通なら聖堂のある村のコムーネや観光案内所に電話するのですが、そこの番号が調べても出てこなかったんで(゚Д゚;)、県庁所在地の観光案内所に電話phone to
←この時点で大分嫌な予感バッド(下向き矢印)

サッサリの観光案内所のシニョーラはとてもにこやかに対応してくださいました。

私 「あのー、SS. Trinita' di Saccargia聖堂を見学したいので、情報を教えていただけませんか。」

シニョーラ 「ああ、あそこは、一日中開いているハズ
dovrebbe esser aperta tutto il giorno)」

ほぉ、昼休みなしで営業とはエラ・・・い・・・って。
Dobrebbe essere aperta(開いているはず)」デスカたらーっ(汗)ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

この、Dovrebbe essere aperta という台詞、
わたしの嫌いなイタリア語ランキング堂々の一位に輝いております。

というのも、この台詞を言われて、まともに開いていた事がないんだものヽ(`Д´)ノヽ`Д´)(ヽ`Д)( ヽ`)(  ヽ

こりゃいかん、閉まっている匂いがプンプンするってことで、
「すみません、聖堂管理されてる方の電話番号知りませんかっ」と食い下がり、新たに電話番号をゲット。

あ、他の聖堂についての情報も聞かないと。

私 「あと、アルダラArdaraにあるS. Maria del Regno聖堂についても教えていただきたいんですけど。」

シニョーラ 「あーあそこね。。。あそこは、ミサのあるときしか開いていないのよね」

あ、じゃあ、ミサの時間を教えてください、と言おうとすると。

シニョーラ 「でもね、聖堂の近くに、幼稚園があるのよ」

ハ、ハイ??幼稚園デスカ??

シニョーラ 「そこのね、インターホン鳴らして

は、はぁ。どっかで聞いた話だな。。。

シニョーラ 「中に居るシスターか教区司祭に、直接頼んでみるといいわ」


えぇ、それ、正攻法なの!?Σ(゚д゚lll)ガーン


これはまさに、マルケの裏技として私が昨年夏によくやっていた方法なんです。

パターンは大体下のとおり。

コムーネに電話する
  ↓  
「開いているハズと言われる」
  ↓  
行ってみる
  ↓  
1.開いてた。ラッキー →見学ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
or
2.案の定閉まっている。
  ↓(2の場合)  
周りをキョロキョロする。
おっなんか、教会関係者が住んでそうな家だっ(ただの勘)
  ↓  
ぴんぽーんパンチ
  ↓  
1.ビンゴッ。司祭さま、もしくはシスターの家だった!!
必死に頼み込む
 →見学ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
2.・・・返事がない orz
 「返事がない。ただの屍のようだ」と呟く。(違う)
  ↓(2の場合) 
通行人を探してウロウロ。
通行人に教会関係者の居所を尋ねる。
  ↓  
1.電話番号をゲット。電話して必死に頼み込む。
 →見学ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
2.誰も居所を知らない or 他の街に住んでいる。
 →。。。終了つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


何回も繰り返してきたこのパターン、
一応、マルケでは裏技だと思ってきたんだけど、
まさか観光案内所から薦められる方法だったとは(゚Д゚;)

さて、サルデーニャで正攻法だったこの方法で
はたして聖堂見学できたのかっ!?
そして「開いているハズ」の聖堂は開いているのかっ!?

次回につづくっっ
posted by maimai at 22:45| ローマ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ー旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

サルデーニャの思い出に

サルデーニャ島で初めて、
Spaghetti alla bottarga(からすみのスパゲティ)を食べました(`・ω・´)ぴかぴか(新しい)

正確にはお父様が食べていたのを横から味見したんだけどあせあせ(飛び散る汗)

からすみって、癖のありそうな味だなーと
勝手に思っていたのですが、食べてみるととってもコクのあるパスタで
美味しかったです。

ただ、なぜかカツオのふりかけの味を思い出してしまったのはどうしてだろう(;・∀・)


で、先日マチェに帰ってきて
スーパーに行ってみると、あるじゃないですか、Bottarga(からすみ)!!
サルデーニャではスーパーに行くことができず諦めていたのに、
やるじゃないか、マチェのスーパーヽ(´ー`)ノ

3.35ユーロというそれほど高くない値段に喜び、
早速購入。

サルデーニャで食べたのを思い出すと、
たぶんアーリオ・オーリオ(ぺペロンチーノ)を途中まで作って
摩り下ろしたからすみを混ぜればオッケーだよね。うん。

そして買ってきたからすみを取り出して。。。と。
P1060300.jpg

・・・
・・・・・・
あれ?(@゜Д゜@;)

そーいえば、私の中の、からすみイメージ画像と
大分面つきが違う気がするぞ・・・←買う前に気付けあせあせ(飛び散る汗)
からすみってさー、こーいう↓イメージだよね
0005676_products_picture_1.jpg
画像リンク元はこちら

こ、これじゃあまるで
かつお節じゃないかっΣ(゚д゚lll)

たしかに少しかつおのふりかけっぽい味はしたけど、
だからといって、見た目までかつお節じゃないでしょ(゚Д゚;)


冷静になってパッケージの裏と表をよく見てみると
P1060302.jpg
Bottarga di Tonnoってある。。。

Tonno=マグロ
です。
・・・
えぇ!!ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

からすみってボラだよね?ボラの卵だよね??
なんでマグロなんだよー-----。゚(゚´Д`゚)゚。


と思ってググって見ると、
イタリア、特にシチリア島ではマグロのからすみもよく食べられているそうです。

orz
さ、サルデーニャの思い出メニューの筈がなぜにシチリア・・・

しかもこのマグロからすみ、北イタリアのパヴィア県にある会社が作ってました。
もう何がなんだかたらーっ(汗)


複雑な思いを抱えて作った、からすみパスタはこちら↓
P1060304.jpg

見た目はサルデーニャで食べたのと似ているのですが、
やっぱり「マグロからすみ」のせいか、
コクがいまいち足りませんでした。
次はもう少し、からすみの量を増やしてみるかなー。
なんせまだ4分の3以上残ってるもんね。
マグロからすみ(つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
posted by maimai at 01:54| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。
。。。15日も過ぎてしまい、かなり遅すぎな新年のご挨拶となってしまいましたがたらーっ(汗)
今年もよろしくお願いいたします。

今年はじめ、両親とともに5日間サルデーニャ島を旅行してきました。
P1060163.jpg
↑集合写真(笑)

今回は相棒にFiatプント君をレンタし、
650km走破車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
P1060172.jpg

今回も6000kmしか走っていない、新車同様の車がやってきましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ラッキーグッド(上向き矢印)

サルデーニャ島北部アルゲーロで、レンタを借りる際、
いつものように元気よく
「保険は全カバーでおねがいしますっ!!」と伝えると、
レンタカー会社のお兄さんから
え、まじで?エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?高いよ???いいの???」
と念を押されてしまいました。

いつも保険は全カバーにしているけど、
こんな風に言われたことないのになー、変なのと思いつつ、
車を受け取り、荷物を載せていざ発進車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

。。。すぐにお兄さんが念押しした理由がわかりましたひらめきひらめき

サルデーニャ島北部〜中部にかけて
車が殆ど走っていないΣ(゚д゚lll)
だって羊とか牛とかの方が、車や人よりもはるかに多いもん


さらに
道は消失点がきれいに見えるほど、
どこまでもまっすぐぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

。。。飛行機の滑走路並みですよ、ほんまに。
一般道のくせにあんなに真っ直ぐな道はダメだと思うよ。。。
オービスを設置できそうな障害物の類もないんで、
たまに出会う車はスピード出し放題なんだけどねあせあせ(飛び散る汗)

丘だらけのマルケに住んでいる者にとって、
どこまでも平らなサルデーニャ島は不思議な感じがしました。
posted by maimai at 01:14| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ー旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。