2008年02月26日

パンダ日誌(黒)Σ(゚д゚lll)

先月末、研究室の仲間3人が来伊し、
マルケに来てくださることになりました。

マルケの美術品を見るなら、車なしでは無理っ!!
ということで、再びパンダを借りました。
P1060733.jpg
今回は黒いパンダ君です。

後から気づいたんだけど、
4人で山ばかりの街を走り回るには、パンダ君じゃちょいと力不足でした。
だって。。。急斜面(歩行者用には階段が付けられているたらーっ(汗))では、発進できませんΣ(゚д゚lll)ガーン
乗員1名でサイドブレーキ引いててもズルズル下がっていくのに、1.2リッターエンジンでどう発進しろと。。゚(゚´Д`゚)゚。
私の運転技術じゃ無理デス。。。

まあ、そんな無理やり坂道発進をさせたり
(↑結局2人降りてもらった(笑)ださ。。。)したのですが、
このパンダ君、それ以外にも受難がありまして。。。


それは、ベルギーからイタリアに入ったnahaちゃんを迎えに
アンコーナ駅に行ったときのこと。

アンコーナは、3年前、
目の前でプジョー206が廃車になる瞬間を目撃したり、
旧市街の狭い道を高速で、サイドミラーぶつけながら
走り去るトラックを見たりと、
正直あまり運転したいと思えない地域なのですあせあせ(飛び散る汗)

そのアンコーナの交通事情の中でも、
カオス度の高いアンコーナ駅前にて、nahaちゃんと合流。

荷物を載せてさぁ出発っ!!
。。。と、はりきって発進するも、すぐに信号に引っかかるパンダ君。
ふと右隣を見ると、駐車していた白の旧型パンダが
無理やりこっちに入り込もうとしているΣ(゚д゚lll)

おっちゃん、それ無理っ無理やからっっ(゚Д゚;)
この車線、一通で狭くって車多いねんでっ

と、左側ギリギリに逃げつつ
クラクションを二回鳴らして警告する私たらーっ(汗)
(↑イタリアで身についた悪いクセ)

おっちゃん、手ぇ振ってるし(゚Д゚;)
違ーう、挨拶のクラクションじゃないっヽ(`Д´)ノ

と、突然、進入を諦めるおっちゃん。

そう、そうだよ、無理はダメだよおっちゃんたらーっ(汗)
と、安心しつつ目的のアンコーナ大聖堂へと走り、
大聖堂前停車したパンダ君を見て、発見。
P1060666.jpg
リアバンパー、割れてますがなΣ(゚д゚lll)

駅前で荷物を積んだときには綺麗だったのに。。。
考えられるのは白い旧型パンダのおっちゃんバッド(下向き矢印)

音がしなかったんで気づかなかったんだけど、
ぱっくり割れちゃっておりますたらーっ(汗)

いっつもレンタを借りるときには、
車両代よりも高い保険代に躊躇しブツブツ言いながら払ってたけど、
今回ばかりは保険はいっててよかったわ。。(;´д`;)

まあ、いろいろと受難はありましたが、
黒パンダ君で5日間、1000kmほど無事走破しました。
。。。そして解散後に、私一人マルケ南端とアブルッツォまで出かけ、さらに750kmほど走ったりたらーっ(汗) 相変わらず大活躍のパンダ君なのでした。
posted by maimai at 18:17| ローマ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

天気がいいのでたまにはマチェの話でも

天気がいいので、お散歩がてら町外れにある
S. Maria delle Vergini聖堂に行ってきました。
P1060580.jpg
まあ、「お散歩がてら」と軽い気持ちで出かけたら、
意外と遠かった&坂道ばっかりだったので、帰りはバテ気味でしたがヽ(;´Д`)ノ


P1060632.jpg
1582年に完成。(ファザードは1587年)中央の8角形ドラムのクーポラは、やっぱしロレートの大聖堂の後に作られたからか。

P1060582.jpg
外見のすっきり具合とは裏腹に、中はバロック装飾いっぱい。

聖堂の名前の由来にもなったのが、ウンブリア派のGiovanni de' Carrisによる"Madonna delle Vergini"。
P1060592.jpg

慈悲の聖母の形が来ることは予想してたけど、
「delle Vergini」というからには、女の子だけが登場するんだと思ったのになぁ。。。マリアの右側が男子なのかぁ。。。
あ、男子にもVergineは使えるかあせあせ(飛び散る汗)いや、でも男子も含めるなら「dei Vergini」になるから違うんじゃないかい?

と、ぶつぶつぶつぶつ。。。。
呟いていると。

??あれ?なんか視線を感じるんですけど。
おかしいなぁ、この聖堂には、入ってきたときから誰も居ないし。



うーん、気のせい?

。。。とふと上を見て。
( ゚д゚) ・・・ん?
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・えっと。
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?



P1060589.jpg
ジョーズッ
、じゃなかった
わ、わにΣ(゚д゚lll)

な、なんじゃこりゃ。。。
わにが、ですよ?
聖堂の中に、ですよ?

ぶらさがっているあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
P1060588.jpg
シュ、シュールだあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

近くにあった、説明にはこうあります。

(日本昔話調にお楽しみください)
むかーしむかし、1590年くらいのことじゃ。
Chientiの川の近くに、動物を食い殺しては、
人々を恐怖に陥れた一匹のワニがおったそうじゃ。
何人もの者が狩ってやろうとしたものの、
その硬い鱗のせいで、成功せなんだバッド(下向き矢印)
ある日、ワニは動物だけに飽き足らず、農夫の子供をさらったんじゃ。
農夫は、子供の叫び声を聞いて、熊手を手に走り寄った!!
するとワニは子供を口から出して、農夫に襲い掛かろうとしたっ!!
しかしこのとき、2人は篤い信仰心で、マリア様(SS. Maria delle Vergini)の名を呼びながら、熊手を腹に突き刺し見事、ワニをやっつけたのじゃっ

こうして、このワニはこの聖堂に贈与されたのじゃった。。。


えっと、、、なんか、日本の寺に河童のミイラがあったりすることを思い出しちゃったよ。。。あ、でもあっちは祀られてるんだっけか。。。


よっぽど、ワニがびっくりしたようで、この日のメモには、

聖堂の目玉のティントレットの《キリスト生誕》(1587年)よりも
P1060599.jpg
主祭壇のCesare Conti di Anconaによる《最後の晩餐とカナの婚宴》よりも
P1060603.jpg
大きな字で「ワニ!?」って書いてありました。。。

posted by maimai at 02:07| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

メトロポリタン

美術館の創設年を知りたくって、ググっていたら
こんなもんがexclamation&question( ゚д゚)ハッ!

うぉー、懐かしい・゚・(つД`)・゚・




子供の頃にこれを見て、
夜中に美術館探検っていいなー(・∀・)
どうすりゃできるんだ?トイレに隠れりゃいいのか?
でも夜中にミイラの部屋には行きたくないだろ
って真剣ぴかぴか(新しい)に考えていましたよ。

そして衝撃のラストΣΣ(゚Д゚;)
うーん、やっぱ、今見ても怖いな。。。
え、なんで( ̄□ ̄;)!!って思っちゃうよ。
それにドガの絵に閉じ込められても、
踊り子さんに囲まれて困っちゃうしなー

メトロポリタンの絵に閉じ込められるんだったら。。。
クリヴェッリ!!・・・は、
目つき悪い人たちに囲まれて
怖いだろうな(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

あ、でも、正体のわからん聖人に
「持物少なすぎで、誰かわからんし名乗っていただけます?」
って聞けるのはいいなぁ(*´д`;)
ってか、全般的に宗教画の中は怖いよな。。。痛そうだし。
フェルメールあたりが無難か。。。
あ、ラ・トゥールの絵の中で、「後ろ後ろーexclamation」て言ってあげるとか(*´д`;)

。。。と妄想を膨らませて
(こーいう妄想癖は子供の頃から変わらんなたらーっ(汗)
曲をリピート再生るんるんるんるん


・・・あ、あれ(;・∀・)ハッ?
私、何調べてたんだっけかあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by maimai at 20:05| ローマ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。