2007年10月01日

やっぱりイタリア

先週、日本へ一週間だけ帰っていました。
イタリア→日本へは、キャセイ・パシフィック、
日本→イタリアは、アリタリア航空を利用しました。

アリタリアは以前にも何回か利用しており、
機体がボロいし、よくテレビが壊れてるし、
音楽聴いてたらスロー再生になって最後にはうめき声になって止まったこともあるし、
客室乗務員はずーっと喋ってるし、
機内情報誌の最新展覧会案内に5年前の情報が記載されていたり、
・・・あげたらキリが無いな・・・
まあとにかく、正直言って使いたくなかったんだけど、
直前だったのでアリタリアしか取れなかったのです。

唯一嬉しかったのは、ミラノへの直行便+国内便で、
マルケの空港まで連れて行ってくれること。
マチェからこの空港までは70kmあるものの、
なんとかその日中に、マチェまで帰ることができるのですexclamation

・・・そう、できるハズだったのです。



当日、関空チェックインカウンターにて、申し訳なさそうに言われてしまいました。
「ミラノからアンコーナへの便なんですが、本日キャンセルとなりまして・・・」


ちょっと前の私なら
(゜Д゜) ハア?? とか
( ̄Д ̄;) ガーン とか、なっていたでしょう。


でも、ちょうど一年前イタリアに向かう時にも飛行機飛ばなかったし、
(わたしのイタリア行きって呪われてるのかしらん・・・)
なにより今回はアリタリアなんで、多少のトラブルは予測済みですたらーっ(汗)

内心(キタ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)━━━━!!!)と思いつつ、
「はは。。。飛ばないんですね。。。どうなるんですか?」
と尋ねると、すでに次の日の朝イチの便を予約してあり、アリタリアがホテルを用意しているとのこと。
 

私「うーん、ホテルの場所ってわかります?」

アリタリアのお姉さん「少々おまちください。。。えっと、こちらではわからないようですね。でも飛行機をおりたらアリタリアの地上職員がお待ちしており、ご案内させていただきますのでご安心ください(^_^)」

ANAとかならともかく、そんなステキな対応は絶対にあり得ないと思う・・・
ホテルも話が通っているのか怪しいな・・・┐(´д`)┌

私 「ちなみに、キャンセルの理由ってなんですか?スト(=イタリア名物)ですか?」

アリタリアのお姉さん「ちょっとそれも、こちらではわからないです」

・・・客が少ない路線だし、客が集まらなかった&夜遅くてめんどくさいから、キャンセルになったんじゃないでしょーね・・・

などと、全くスッキリしないまま、とりあえずミラノへの飛行機に乗り込みました。

飛行機の中でも、一斉にテレビの電源が切れて1時間復旧しないなど、
ネタになるハプニングはありましたが、ここでは省略たらーっ(汗)


さて、ミラノに到着し、飛行機を降りても。。。
やっぱし地上係員なんて居ないやん(*´д`;)

空港職員も見あたらないので、仕方なく飛行機に逆戻りし、
飛行機を降り掛けている副操縦士と客室乗務員さんに聞いてみると、
「そんな人待っていないよ。アリタリアのトランジットカウンターにいってごらん」とのこと。

なかなか出てこないトランジットカウンターを求めてトコトコ・・・
何故か再び、長蛇の列の荷物検査を受け、緑茶ペットボトルを没収され(液体ダメだからね。。。)
やっとたどり着いたアリタリアのトランジットカウンターは・・・
P1050531.jpg
誰もいないし( ̄Д ̄;)

しゃーないので、デルタ航空のお姉さんに訴えて、
カウンターの奥で隠れていたアリタリアのお姉さんを呼び出してもらって、と。

ガムをくっちゃくっちゃしながら、お姉さん宣わく。
「えー、でもあなた、荷物はここで取らないといけないんだから、外にでなきゃ。パスポートコントロール受けて、荷物を回収したら、2階にあるアリタリアのチェックインカウンターに行ってね。」

わー、たらいまわしだーヽ(´ー`)ノ、と思いつつ、
来た道を逆戻り。事情を話して荷物検査も逆流して、
長蛇の列のパスポートコントロールに並び、荷物を回収。

この時点で、すでに飛行機が着いてから1時間以上経過しています。
眠いし、長蛇の列に2回も並ばされたし、本来なら緑茶を没収される必要はなかったことに気づき、だんだんむかついてきました。

そして向かったアリタリアカウンター。
案内の人に、アリタリアのキャンセル専用カウンターの場所を聞いて
行ってみると、
やっぱし誰もいないΣ( ̄皿 ̄;;

そして周りのアリタリア係員に聞くと、なぜかアメリカ行き窓口に並べと言われる。。。そんなんわからんわ。。。

アメリカ行き窓口に並ぶこと15分、ようやくキャンセル便についての話ができました。

アリタリアのお姉さん「アンコーナ行きのキャンセル便ですね。この便は、代替バスが出ることになっています。午後9時に出発する便で」

私「ちょ、ちょっと待って。そのバス、何時にアンコーナに着くんですか?」

アリタリアのお姉さん「えーっと、大体5時間くらいかかるので。。。」

13時間のフライト後で疲れてるのに、さらに5時間バスに乗れとexclamation&question
せめて特急電車にのせてよたらーっ(汗)
しかも午前2時にアンコーナに到着しても、マチェラータ行きの始発は6時。治安のよろしくないアンコーナ駅周辺で、4時間もいろとexclamation&question

・・・きれていいよね、そろそろ。うん、キレよう。

私 「待って。所要時間1時間のフライトの代わりが、なんで5時間のバスなわけ?それに、私はマチェラータに住んでるねん。70km離れてるの。午前2時にアンコーナに着いてどうやって帰れるん(#゚Д゚) 日本で、次の日朝の便に乗れるって聞いたし、ホテルもあなた方が用意するって聞いてるよ。その話はどうなったんやむかっ(怒り)

アリタリアのお姉さん 「でも、代替バスに乗ることになってて。。。」

私「でーも!!私は、翌朝の便を取ってあるって聞いたの!」

納得できないようにPCをカシャカシャやるお姉さん。
そしてどこかに電話を掛け始めました。

アリタリアのお姉さん 「チャオ、今ここに関西からの乗客がいるの。
彼女はキャンセルになったアンコーナ便に乗ることになってたんだけど、バスに乗って貰うのよね?
でも日本の誰かが次の日の便の予約をすでに入れているのよ。しかも、ホテルに泊まって次の日の便に乗れるって、日本の誰かが説明したっていうのよ。」

日本の誰かって、そんな悪いことをした奴みたいに言わんでも(´・ェ・`)
多分、予約は、航空券を買った代理店の人がやってくれたんだろうなー。
ビバっっSkygate!!

アリタリアのお姉さん「で。。。え、ここじゃわからない?じゃあ誰に電話したらいい?わかったわ。チャオ」

あ、お姉さんもたらい回しされてる・・・(´・ω・`)


何回か違う箇所に電話をして貰った結果、
次の日の便に乗れることになり、ホテルも用意して貰えることになりました。

ホテルを用意してくれる代理店で、またまた待たされたり、
ホテルが何故かノヴァーラ(州が違うぞ・・・)で、
車で40分かかるとこだったり、いろいろ不思議なことはありましたが、バスに乗らずにすんだのは幸いでした。


不思議と言えば、キャンセルの理由も不思議。
たらい回しにされた先々で聞いたのですが、
誰も知りませんでした(; ̄ー ̄川
・・・普通、機体整備とか天候不順とかあるよねぇ・・・

翌日乗ったアンコーナ行きの飛行機が、
72席しかないプロペラ機飛行機だったことを考えると、
客が集まらなかったって説もあり得るかも・・・ね( ;´・ω・`)





posted by maimai at 05:50| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです☆
この夏、ボローニャにサマースクールに行ってきましたーイタリアよかったです♪
実は私も・・・サマースクールが終わって、ボストンに寄ってさあ日本に帰ろーと思ったら・・・まさかのデトロイトで欠航&緊急着陸で2日現地泊まりです(TT)明日は日本に帰れるといいな(><)
Posted by じろ at 2007年10月03日 07:50
キャンセル便は困るよねぇ。。。
安全第一だから、理由があって飛べないのは仕方無いんだけど、その後の対応が航空会社によって様々なのが困りもの。

ちょうどサマースクールの時期に、
ボローニャ近辺通ったよ。
言ってくれたらご飯でも奢ったのに(笑)
Posted by maimai at 2007年10月08日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58152632
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。