2008年01月25日

電話での攻防2戦目

さて、サッサリの観光案内所との電話を終えた後、
間髪居れずに、教えてもらったサンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂(SS. Trinita' di Saccargia)の連絡先にも電話をかけます。

ぶー、ぶー ←呼び出し音
ガチャ。

私 「あ、もしもし。こんばんわ。サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂の開館時間をおしえてください。」

お姉さん 「え、閉まってるわよ。」

ハイ!?ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

私 「え、ミサやらないんですか。観光案内所に『開いているハズ』って言われたんですけど。」

お姉さん 「復活祭まで、あの聖堂は開けないの。

あけないって、断言ですかヽ(;´Д`)ノ
ええい、根性っ!

私 「復活祭の頃には、私もう日本に帰ってるんです。
   なんとかなりませんか?
   博士課程で美術史を勉強しているんで、ぜひ見たいんですっ
  (別に専門と関係はないんだけどたらーっ(汗))」

と、食い下がるも

お姉さん 「私には関係ないもん。復活祭まで開けないんだって。」

見事敗北。。。orz
そりゃー、お姉さんには関係ないでしょうけどたらーっ(汗)たらーっ(汗)


そんなわけで、サンティッシマ・トリニタ・ディ・サッカルジャ聖堂は外からの見学のみになりました←中が見れなくても行った(笑)

サッサリから南西に十数キロ、羊さんとヤギさんと牛さんがいっぱいの牧草地帯の中に、ぽつんと建っている可愛らしい聖堂でした。
P1060203.jpg
黒と白のコントラストがよいぴかぴか(新しい)

P1060206.jpg
正面から。

P1060197.jpg
ポルティコの一番左の柱にだけ、牛のレリーフ付の柱頭が。
前日に見たアンゲル・ルユ遺跡(ネクロポリス)でも壁に牛の角や頭のレリーフがあったなー、と思い出し、今も昔も中世も牛好きなんだねーと思わずニンマリ。

内陣には13世紀のフレスコ画が残っていたらしい。
サルデーニャでは珍しいフレスコ画、見たかったなー。。。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
posted by maimai at 03:08| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ー旅行編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これって、縞々になるように二色の石を使っているの? 2枚目の写真から見ると、石に色を塗っているようにも見えるんだけど。トスカーナの縞々聖堂たちやジェノヴァの縞々大聖堂を思い出させます。サルデーニャはピサやジェノヴァ支配下だったりしたようなんだけど、その影響?
Posted by Y at 2008年01月25日 20:54
そうですね、白の石は石灰石、黒の石は玄武岩と説明にあったと記憶しています。
素材の違いからか、近くでみると、黒の石は穴ぼこだらけになっていました。

そう、トスカーナを私も思い出しました。
ジェノヴァにも縞々聖堂あるんですね。。。こっちは思いつきませんでした(;・∀・)い、いかん。

ピサ・ロマネスク様式で、12世紀初頭にカマドルレーゼにより創設とありました。カリアリがピサ支配下になったのは12世紀半ばですが、11世紀後半からすでにピサやジェノヴァの助けで建築ラッシュが始まっていたそうです。

あ、ファザードにある丸と菱型の装飾もピサあたりの装飾と似てました。。って上の写真じゃ分かりにくいですね。もう一枚、ファザードの写真を追加しておきます。
Posted by maimai at 2008年01月25日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80471008
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。