2008年02月19日

天気がいいのでたまにはマチェの話でも

天気がいいので、お散歩がてら町外れにある
S. Maria delle Vergini聖堂に行ってきました。
P1060580.jpg
まあ、「お散歩がてら」と軽い気持ちで出かけたら、
意外と遠かった&坂道ばっかりだったので、帰りはバテ気味でしたがヽ(;´Д`)ノ


P1060632.jpg
1582年に完成。(ファザードは1587年)中央の8角形ドラムのクーポラは、やっぱしロレートの大聖堂の後に作られたからか。

P1060582.jpg
外見のすっきり具合とは裏腹に、中はバロック装飾いっぱい。

聖堂の名前の由来にもなったのが、ウンブリア派のGiovanni de' Carrisによる"Madonna delle Vergini"。
P1060592.jpg

慈悲の聖母の形が来ることは予想してたけど、
「delle Vergini」というからには、女の子だけが登場するんだと思ったのになぁ。。。マリアの右側が男子なのかぁ。。。
あ、男子にもVergineは使えるかあせあせ(飛び散る汗)いや、でも男子も含めるなら「dei Vergini」になるから違うんじゃないかい?

と、ぶつぶつぶつぶつ。。。。
呟いていると。

??あれ?なんか視線を感じるんですけど。
おかしいなぁ、この聖堂には、入ってきたときから誰も居ないし。



うーん、気のせい?

。。。とふと上を見て。
( ゚д゚) ・・・ん?
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・えっと。
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?



P1060589.jpg
ジョーズッ
、じゃなかった
わ、わにΣ(゚д゚lll)

な、なんじゃこりゃ。。。
わにが、ですよ?
聖堂の中に、ですよ?

ぶらさがっているあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
P1060588.jpg
シュ、シュールだあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

近くにあった、説明にはこうあります。

(日本昔話調にお楽しみください)
むかーしむかし、1590年くらいのことじゃ。
Chientiの川の近くに、動物を食い殺しては、
人々を恐怖に陥れた一匹のワニがおったそうじゃ。
何人もの者が狩ってやろうとしたものの、
その硬い鱗のせいで、成功せなんだバッド(下向き矢印)
ある日、ワニは動物だけに飽き足らず、農夫の子供をさらったんじゃ。
農夫は、子供の叫び声を聞いて、熊手を手に走り寄った!!
するとワニは子供を口から出して、農夫に襲い掛かろうとしたっ!!
しかしこのとき、2人は篤い信仰心で、マリア様(SS. Maria delle Vergini)の名を呼びながら、熊手を腹に突き刺し見事、ワニをやっつけたのじゃっ

こうして、このワニはこの聖堂に贈与されたのじゃった。。。


えっと、、、なんか、日本の寺に河童のミイラがあったりすることを思い出しちゃったよ。。。あ、でもあっちは祀られてるんだっけか。。。


よっぽど、ワニがびっくりしたようで、この日のメモには、

聖堂の目玉のティントレットの《キリスト生誕》(1587年)よりも
P1060599.jpg
主祭壇のCesare Conti di Anconaによる《最後の晩餐とカナの婚宴》よりも
P1060603.jpg
大きな字で「ワニ!?」って書いてありました。。。

posted by maimai at 02:07| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

サルデーニャの思い出に

サルデーニャ島で初めて、
Spaghetti alla bottarga(からすみのスパゲティ)を食べました(`・ω・´)ぴかぴか(新しい)

正確にはお父様が食べていたのを横から味見したんだけどあせあせ(飛び散る汗)

からすみって、癖のありそうな味だなーと
勝手に思っていたのですが、食べてみるととってもコクのあるパスタで
美味しかったです。

ただ、なぜかカツオのふりかけの味を思い出してしまったのはどうしてだろう(;・∀・)


で、先日マチェに帰ってきて
スーパーに行ってみると、あるじゃないですか、Bottarga(からすみ)!!
サルデーニャではスーパーに行くことができず諦めていたのに、
やるじゃないか、マチェのスーパーヽ(´ー`)ノ

3.35ユーロというそれほど高くない値段に喜び、
早速購入。

サルデーニャで食べたのを思い出すと、
たぶんアーリオ・オーリオ(ぺペロンチーノ)を途中まで作って
摩り下ろしたからすみを混ぜればオッケーだよね。うん。

そして買ってきたからすみを取り出して。。。と。
P1060300.jpg

・・・
・・・・・・
あれ?(@゜Д゜@;)

そーいえば、私の中の、からすみイメージ画像と
大分面つきが違う気がするぞ・・・←買う前に気付けあせあせ(飛び散る汗)
からすみってさー、こーいう↓イメージだよね
0005676_products_picture_1.jpg
画像リンク元はこちら

こ、これじゃあまるで
かつお節じゃないかっΣ(゚д゚lll)

たしかに少しかつおのふりかけっぽい味はしたけど、
だからといって、見た目までかつお節じゃないでしょ(゚Д゚;)


冷静になってパッケージの裏と表をよく見てみると
P1060302.jpg
Bottarga di Tonnoってある。。。

Tonno=マグロ
です。
・・・
えぇ!!ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

からすみってボラだよね?ボラの卵だよね??
なんでマグロなんだよー-----。゚(゚´Д`゚)゚。


と思ってググって見ると、
イタリア、特にシチリア島ではマグロのからすみもよく食べられているそうです。

orz
さ、サルデーニャの思い出メニューの筈がなぜにシチリア・・・

しかもこのマグロからすみ、北イタリアのパヴィア県にある会社が作ってました。
もう何がなんだかたらーっ(汗)


複雑な思いを抱えて作った、からすみパスタはこちら↓
P1060304.jpg

見た目はサルデーニャで食べたのと似ているのですが、
やっぱり「マグロからすみ」のせいか、
コクがいまいち足りませんでした。
次はもう少し、からすみの量を増やしてみるかなー。
なんせまだ4分の3以上残ってるもんね。
マグロからすみ(つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
posted by maimai at 01:54| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

大量の栗を使って

栗祭りで、大量にもらった栗をどう消費しようか考えた結果、
渋皮煮を作ることにしました。

甘露煮も迷ったけど、甘露煮は渋皮をむかないといけないので、かなり面倒。
新しいからか、つるりと鬼皮が剥ける栗だったので
渋皮煮にして、エマヌエラにお裾分けしたら
栗のお礼にもなってちょうどいいよね。

ちょうど1日は祝日で、大学も図書館もお店も休み。
しかも外は雨&霧で、お散歩に行く気にもなれないし、
台所の横で本でも片手にノンビリ煮ていけばいいやー。

・・・と、軽く考えていたのです。

一回目の煮込みまでは。
(渋皮煮は全部で3-4回お湯で煮込んで渋みを取ります)

一回目の煮込みの最中、渋皮が破れていく栗が大量に発生。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


渋皮が破れてしまったら、栗が崩れてしまうので、
渋皮煮にはなりません。

崩れた分は栗ご飯にしようと考えていたけど、
あまりの崩れ栗の多さに、これを全部使ったら
栗ご飯ではなく、ご飯栗(栗主体)になってしまいます。

うーん(´ヘ`;)と、崩れ栗を目の前にして迷いに迷った結果。

無事な分だけ渋皮煮にして、残りの栗の3分の1で栗ご飯、
3分の2の渋皮をとり水に晒し、
味付けして煮、暫く置いて味を染込ませ、
つぶしてペースト状にし、
さらにタルト台を焼いて・・・
ああ、もう以下略むかっ(怒り)ヽ(`Д´)ノ

とにかくいろいろやった結果。
P1050689.jpg
モンブランになりました。

割った写真は無いんですが、
中はチョコクリーム→栗あん→生クリーム→栗ペーストになってます。

ちなみに3個目で、絞り器が壊れてしまったんで、
4個目以降は奥のほうの微妙な形のモンブランになってしまいました。

できあがったモンブラン11個(1個は自分用)を
エマヌエラのところと留学生センターに持って行ったところ、
「何これ!?始めて見た!!」と
あっという間に食べられてしまいました。。。

余ったら私が2個目をもらう予定だったのに。。。

そういや、イタリアでモンブランって見たこと無いねぇ。

結局渋皮煮として生き残ったのは、15個。
11個はモンブランの飾りに使っちゃったんで、
お茶請けとして食べられたのは、4個だけでした。
P1050693.jpg

モンブランが好評だったから、
まぁ、いいことにしておこうっと。
posted by maimai at 00:00| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

焼あみ丸君、大活躍。

モンテモーナコで栗祭りを回っている途中で、
エマヌエラが栗をプレゼントしてくれましたぴかぴか(新しい)
P1050685.jpg
なんでも収穫したてなんだって。やった揺れるハート

栗は大好きなんだけど、焼き栗用のフライパンはもっていないしなぁ。
でも一時期しか使えないのに、わざわざ栗鍋を買うのはもったいない。
うーん、ゆでて食べてもいいけど。。。
うーんあせあせ(飛び散る汗)何か栗鍋のように、穴が開いていて火が所々入る的なもんがあれば。。。

あれば。。。


(メ・ん・)??
あ、なんかそれっぽいの、あった気がするぞ

たしか、もちを焼くときに使った網があった筈ひらめきひらめき



餅がもうないから、捨てようかと思ってたんだけど、
一応何かに使えないかと、取っておいたんだよね。

一番上の網を外して、
栗を入れて、点火どんっ(衝撃)
P1050687.jpg
おおー、いい感じるんるん

上手いこと、焼き栗ができましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
わーい、これで家でも焼き栗が食べられるぞヽ(´ー`)ノ

・・・しかし栗、まだ900g以上残ってるよ・・・どうやって食べるかな・・・


posted by maimai at 02:40| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

こんな自販機アリ?

イタリアには、日本みたいに、あちこちに自販機はありません。

でも、そんな数少ない自販機の中、うちの近所では、
P1050522-1.jpg
パスタとかリゾット、トマト缶を売る自販機があります。
流石イタリア、パスタは欠かせないんだ。。。

おでんを買える自販機のある国からやってきた私も、
初めて見たときには、ビックリΣ(゚Д゚)

こんなん作るなら、まともに動く飲み物の自販機を増やしてよ( ; ゚Д゚)
注)イタリアでは、お金を食べるだけ食べて、商品を出してくれない自販機がよくいるんです。


・・・このパスタ自販機、イタリア中にあるんかしらん?

posted by maimai at 23:58| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーマチェ生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。