2007年10月02日

やっぱりイタリア 2

今日は早起きして、滞在許可証の更新手続きに行ってきました。
両手全指の指紋をとられ、身長のわかる背景の前で写真を撮られる、
完全に犯罪者扱いのこのイベント、気は乗らないけと頑張って行ってきました。

以前携帯メールで指定されたのは9時12分。
手紙で持ってくるように指示された書類一式(提出書類の原本とパスポート、写真4枚)をかかえて、えっちらおっちら丘を下ること30分。

ちゃんと9時前に到着です。

えっと。。。写真証明のための出頭命令なんだし、写真証明部屋に行くんだよね。。。

と、写真証明の窓口前で待ちながらキョロキョロしてみると、
あれ、なんか・・・みんなが抱えてる書類、番号みたいなんがついていません!?Σ(゚д゚lll)ガーン

こりゃ嫌な予感がする、めっちゃするっっってことで、
窓口に殺到している人を掻き分け、
「9時12分の召喚なんですけどっっ」と窓口のおっちゃんに叫んでみると、
「先に入り口おくのサロンに回れっむかっ(怒り)」と。

。。。いや、何回もみんなに同じこときかれたり
殺到する人を追い払ったり大変なんだろうけど、
そないに怒らんでも。。。
だいたい、張り紙の一つもしとけば、間違えることもないのに。。。


そして行った先のサロンは。。。カオスでしたたらーっ(汗)

いやー、窓口2個しかないのに、
なんで5列以上できてるんですかΣ(´Д`lll)

こりゃ、まさに「イタリアとヨーロッパ」ってフラッシュで出てきた
イタリアでの列の作り方、そのもの。。。

あ、「イタリアとヨーロッパ」ってフラッシュを知らない方はこちらから見に行ってください。いろいろ、誇張はあるけど、マルケの道路標識はまさにこんなんです(笑)

いろんな国の人と押し合いへしあい、
もみくちゃになるものの、なかなか進まない列・・・

揉まれているうちに、12分はとうに過ぎ、
30分、40分。。。と時は過ぎていきます。

あせり始めたころ、ふと前の人の書類を盗み見・・・
前の人の出頭日、先週やん(# ゚Д゚)

そして後ろの人らが英語で会話中。。。
「わたしの約束は10時52分」
「僕のは11時25分」
って、あんたら、フライングしすぎっっヽ(`Д´)ノ

大群の中で、指定された日時を守ってるのはほんの僅か。
みんなが警察の指定時刻を守らずor信頼してないので
好き勝手な時間に来て窓口に押しかけ、
「あんた時間違うからダメっ」って言われては、
「なんでだよ、いまやってよ、せっかくこんなに並んだのにー」
ってなやりとりを繰り返し繰り返し。。。。

。。。。帰りたくなってきたよ、わたし。。。
郵便局利用の手続き電子化以降のほうが、もみくちゃ率高いやん。。。

皆口々に好き勝手なことを窓口に訴えてるんで、
とりあえず私も
「私9時12分のアポ持ってる〜〜〜パンチ(`・ω・´)」
と何回か叫んでみると、
窓口のおっちゃんがようやく気づいて、「こっちにおいで、彼女が先っ」って言ってくれたっっ!よしっっ

人ごみを掻き分け掻き分けてっと。

窓口のおっちゃん「はい、9時12分ね。滞在許可書のコピー出してっ」


へっ? ( ゚Д゚)
そんなんリストに一文字もなかった・・・


窓口のおっちゃん「無いなら後ろのコピー機でコピーして。」

そして窓口周りに押しかけた人々に、ぺいっと列の外にはじき出される私。


なんだよそれ。。。郵便局でコピー提出済ませているのに、
持ってこいとも言われてないのに、なんだよそれ。。。
ブツブツ言いながら小銭を探して。。。

コピー機の前でも、多分同じ内容をブツブツいっている黒人のおっちゃんたちの後ろにならんで、待つこと10分。

まさかの用紙切れどんっ(衝撃)

黒人のおっちゃんたちが、人ごみを掻き分けて窓口に訴えにいくものの、「紙は無いっ」と無常の一言。


中心から大分離れた警察署では、
コピー機のあるタバッキもかなり離れています。
おっちゃんたちと一緒に呆然とし。。。

あ。もう、裏紙に印刷しちゃえばいいや( ´Д`)

イタリア人から学んだいい加減さを発揮することにし、
コピーをゲット。(裏は滞在許可の注意書きたらーっ(汗)いいのか?)

再び人ごみを掻き分けて、何食わぬ顔でコピーを提出。

ようやく写真証明に呼び出される番号をゲットォ〜〜(σ・∀・)σ


そして、写真証明部屋でも
番号にかかわらず窓口に押しかけてる人々に揉みくちゃにされつつ、
一時間待って、写真を提出して
指紋取られて。。。

。。。って、あれ?
必要書類といわれて持ってきた書類、
見せてとさえ言われなかったぞ( ;∀;)


何回か指紋を取り直して入力した後、
窓口のおっちゃんが言いました。
「はい、じゃあ、4ヶ月後に取りに来て」



・・・エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

私、帰国までに新しい滞在許可もらえるんかな。。。
電子化される前は2ヶ月でできてたのに、退化してるやん。。。
posted by maimai at 01:32| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記−楽しいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

やっぱりイタリア

先週、日本へ一週間だけ帰っていました。
イタリア→日本へは、キャセイ・パシフィック、
日本→イタリアは、アリタリア航空を利用しました。

アリタリアは以前にも何回か利用しており、
機体がボロいし、よくテレビが壊れてるし、
音楽聴いてたらスロー再生になって最後にはうめき声になって止まったこともあるし、
客室乗務員はずーっと喋ってるし、
機内情報誌の最新展覧会案内に5年前の情報が記載されていたり、
・・・あげたらキリが無いな・・・
まあとにかく、正直言って使いたくなかったんだけど、
直前だったのでアリタリアしか取れなかったのです。

唯一嬉しかったのは、ミラノへの直行便+国内便で、
マルケの空港まで連れて行ってくれること。
マチェからこの空港までは70kmあるものの、
なんとかその日中に、マチェまで帰ることができるのですexclamation

・・・そう、できるハズだったのです。



当日、関空チェックインカウンターにて、申し訳なさそうに言われてしまいました。
「ミラノからアンコーナへの便なんですが、本日キャンセルとなりまして・・・」


ちょっと前の私なら
(゜Д゜) ハア?? とか
( ̄Д ̄;) ガーン とか、なっていたでしょう。


でも、ちょうど一年前イタリアに向かう時にも飛行機飛ばなかったし、
(わたしのイタリア行きって呪われてるのかしらん・・・)
なにより今回はアリタリアなんで、多少のトラブルは予測済みですたらーっ(汗)

内心(キタ━━━(;´Д`);´Д`);´Д`);´Д`);´Д`)━━━━!!!)と思いつつ、
「はは。。。飛ばないんですね。。。どうなるんですか?」
と尋ねると、すでに次の日の朝イチの便を予約してあり、アリタリアがホテルを用意しているとのこと。
 

私「うーん、ホテルの場所ってわかります?」

アリタリアのお姉さん「少々おまちください。。。えっと、こちらではわからないようですね。でも飛行機をおりたらアリタリアの地上職員がお待ちしており、ご案内させていただきますのでご安心ください(^_^)」

ANAとかならともかく、そんなステキな対応は絶対にあり得ないと思う・・・
ホテルも話が通っているのか怪しいな・・・┐(´д`)┌

私 「ちなみに、キャンセルの理由ってなんですか?スト(=イタリア名物)ですか?」

アリタリアのお姉さん「ちょっとそれも、こちらではわからないです」

・・・客が少ない路線だし、客が集まらなかった&夜遅くてめんどくさいから、キャンセルになったんじゃないでしょーね・・・

などと、全くスッキリしないまま、とりあえずミラノへの飛行機に乗り込みました。

飛行機の中でも、一斉にテレビの電源が切れて1時間復旧しないなど、
ネタになるハプニングはありましたが、ここでは省略たらーっ(汗)


さて、ミラノに到着し、飛行機を降りても。。。
やっぱし地上係員なんて居ないやん(*´д`;)

空港職員も見あたらないので、仕方なく飛行機に逆戻りし、
飛行機を降り掛けている副操縦士と客室乗務員さんに聞いてみると、
「そんな人待っていないよ。アリタリアのトランジットカウンターにいってごらん」とのこと。

なかなか出てこないトランジットカウンターを求めてトコトコ・・・
何故か再び、長蛇の列の荷物検査を受け、緑茶ペットボトルを没収され(液体ダメだからね。。。)
やっとたどり着いたアリタリアのトランジットカウンターは・・・
P1050531.jpg
誰もいないし( ̄Д ̄;)

しゃーないので、デルタ航空のお姉さんに訴えて、
カウンターの奥で隠れていたアリタリアのお姉さんを呼び出してもらって、と。

ガムをくっちゃくっちゃしながら、お姉さん宣わく。
「えー、でもあなた、荷物はここで取らないといけないんだから、外にでなきゃ。パスポートコントロール受けて、荷物を回収したら、2階にあるアリタリアのチェックインカウンターに行ってね。」

わー、たらいまわしだーヽ(´ー`)ノ、と思いつつ、
来た道を逆戻り。事情を話して荷物検査も逆流して、
長蛇の列のパスポートコントロールに並び、荷物を回収。

この時点で、すでに飛行機が着いてから1時間以上経過しています。
眠いし、長蛇の列に2回も並ばされたし、本来なら緑茶を没収される必要はなかったことに気づき、だんだんむかついてきました。

そして向かったアリタリアカウンター。
案内の人に、アリタリアのキャンセル専用カウンターの場所を聞いて
行ってみると、
やっぱし誰もいないΣ( ̄皿 ̄;;

そして周りのアリタリア係員に聞くと、なぜかアメリカ行き窓口に並べと言われる。。。そんなんわからんわ。。。

アメリカ行き窓口に並ぶこと15分、ようやくキャンセル便についての話ができました。

アリタリアのお姉さん「アンコーナ行きのキャンセル便ですね。この便は、代替バスが出ることになっています。午後9時に出発する便で」

私「ちょ、ちょっと待って。そのバス、何時にアンコーナに着くんですか?」

アリタリアのお姉さん「えーっと、大体5時間くらいかかるので。。。」

13時間のフライト後で疲れてるのに、さらに5時間バスに乗れとexclamation&question
せめて特急電車にのせてよたらーっ(汗)
しかも午前2時にアンコーナに到着しても、マチェラータ行きの始発は6時。治安のよろしくないアンコーナ駅周辺で、4時間もいろとexclamation&question

・・・きれていいよね、そろそろ。うん、キレよう。

私 「待って。所要時間1時間のフライトの代わりが、なんで5時間のバスなわけ?それに、私はマチェラータに住んでるねん。70km離れてるの。午前2時にアンコーナに着いてどうやって帰れるん(#゚Д゚) 日本で、次の日朝の便に乗れるって聞いたし、ホテルもあなた方が用意するって聞いてるよ。その話はどうなったんやむかっ(怒り)

アリタリアのお姉さん 「でも、代替バスに乗ることになってて。。。」

私「でーも!!私は、翌朝の便を取ってあるって聞いたの!」

納得できないようにPCをカシャカシャやるお姉さん。
そしてどこかに電話を掛け始めました。

アリタリアのお姉さん 「チャオ、今ここに関西からの乗客がいるの。
彼女はキャンセルになったアンコーナ便に乗ることになってたんだけど、バスに乗って貰うのよね?
でも日本の誰かが次の日の便の予約をすでに入れているのよ。しかも、ホテルに泊まって次の日の便に乗れるって、日本の誰かが説明したっていうのよ。」

日本の誰かって、そんな悪いことをした奴みたいに言わんでも(´・ェ・`)
多分、予約は、航空券を買った代理店の人がやってくれたんだろうなー。
ビバっっSkygate!!

アリタリアのお姉さん「で。。。え、ここじゃわからない?じゃあ誰に電話したらいい?わかったわ。チャオ」

あ、お姉さんもたらい回しされてる・・・(´・ω・`)


何回か違う箇所に電話をして貰った結果、
次の日の便に乗れることになり、ホテルも用意して貰えることになりました。

ホテルを用意してくれる代理店で、またまた待たされたり、
ホテルが何故かノヴァーラ(州が違うぞ・・・)で、
車で40分かかるとこだったり、いろいろ不思議なことはありましたが、バスに乗らずにすんだのは幸いでした。


不思議と言えば、キャンセルの理由も不思議。
たらい回しにされた先々で聞いたのですが、
誰も知りませんでした(; ̄ー ̄川
・・・普通、機体整備とか天候不順とかあるよねぇ・・・

翌日乗ったアンコーナ行きの飛行機が、
72席しかないプロペラ機飛行機だったことを考えると、
客が集まらなかったって説もあり得るかも・・・ね( ;´・ω・`)





posted by maimai at 05:50| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

ぱんだ日誌まとめ

ぱんだ日誌、全然書いていないのにまとめも何も無いって気もしますが
一応、結果だけ報告。

8月24日正午、ぱんだ君とお別れしました。
そりゃーもう、涙涙のお別れ・・・のハズが、
私はぱんだ君返却後すぐに、ロンドンへ向かうことになっており、
しかも空港までの高速が大渋滞(一応流れてはいたけど、このあたりでは大渋滞)で焦りまくっていたため、
感慨にひたる暇もありませんでしたたらーっ(汗)たらーっ(汗)

でもマチェに戻ってくると、ぱんだ君がいないのは
めっちゃ寂しいんだよねもうやだ〜(悲しい顔)
本当に大活躍してくれてたんだものたらーっ(汗)たらーっ(汗)


まとめ

一ヶ月ぱんだ君とともに走った距離車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
 4602km
  今までで一番運転した一ヶ月でした。。。

ぱんだ君ご飯代
 約420ユーロたらーっ(汗)たらーっ(汗)
 結局私の食費の5倍以上食べてくれました。。。
 最後の方なんて、時間が足りなくなってきたので一日250km(ご飯代20ユーロ)ペースだったもんなぁ。。。

見て周った村・町・修道院数
 52

 思ったよりも少ない・・・閉ってて出直さざるを得なかったり、現地交渉で時間がかかったりしてたもんなぁたらーっ(汗)たらーっ(汗)
 写真や書き散らしたメモがいっぱい・・・こりゃー、整理するのが大変だ・・・

posted by maimai at 00:03| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ギャップ

ぱんだ君とお別れした後、
アンコーナ空港からロンドンへと飛び立ちました。

ロンドンは、
そりゃーもう大都会でした←当たり前


実はぱんだ君を返す直前、早朝から
サン・セヴェリーノ近郊の村の司祭さまに頼み込んで、
P1050167.jpg
大草原の小さな聖堂(笑)なんかを見学していた
私にはすごい衝撃です。
ギャップがありすぎます。

もう空港から上がりまくるテンショングッド(上向き矢印)


juice.jpg
スムージー飲むだけで「文明だっ都会だっ」とか
訳わかんないことを呟いて感動できます。(何処の国の出身なんだ、わたしは)
まあ、後から値段の高さに気づいてショックを受けるわけだけど・・・


高速バスダッシュ(走り出すさま)に乗っても、
車がいっぱいだよっ(゚∀゚ )3車線もあるよっ(゚∀゚≡どんっ(衝撃)
左側走ってるよっ気持ち悪っヘ(゚∀゚ヘ)
と、大はしゃぎ。
P1050181.jpg


・・・と、そこでふと気づきました。
このナンバープレートの色・形・・・
マルケの郊外でトロい運転している車に、よくついてたぞ( ゚Д゚)
イギリスから自分の車でマルケにやってきてたってことか・・・
遠いとはいえ、車で来ることができるんだ、いいなぁ・・・


posted by maimai at 23:31| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

ぱんだ日誌 7日目 相棒は大食漢(涙)

本日の走行距離車(セダン)ダッシュ(走り出すさま) 4km
買物と大学図書館行くのに使っただけたらーっ(汗)


相棒、ぱんだ君がやってきて約1週間。
走行距離を伸ばしすぎてもダメだし
(1日100km制限って、ハッキリ言ってかなり苦しい(〃゜д゜;A)
月曜日は博物館・絵画館は休みなので、
本日は休息日。


さて、アスコリ往復もしたし、ファブリアーノにも行ったし、
そこそこの距離を運転した結果、
恐怖の時間がやってきました。

そう、それは給油 (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

いや、何が怖いって、値段がね。。。

ぱんだ君、レンタカーだからディーゼルだろうと思ってたら、
実は無鉛ガソリンを食べるんです。
このっ贅沢者っむかっ(怒り)むかっ(怒り)
好き嫌い言わずにディーゼルにしときなさいっっ
・・・と言うわけにもいかないので、無鉛ガソリンをご馳走するわけですが・・・

うちの近所、リッター1.365ユーロもするんです(´・ω・`)
日本円で約221円です。。。た、高い。。。
ガススタンドで、思わず目眩がしましたよ。。。(;´Д`)

だって。。。
私の食費の3倍食べてるよ・・・この子・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

でもいくら高くっても、
パンダ君の主動力をケチることはできないので。
仕方がない、補助動力(=運転手=私たらーっ(汗))の動力をケチることにしようっっ( ・∀・ )ノ

・・・結果。

昼ご飯が
鳥南蛮漬け弁当(4日目め日記のやつ)
または
豚のインゲン巻き弁当
P1030583.jpg
または
パプリカ肉詰め弁当
P1030418.jpg
または
おなじみベーグルサンド
P1040060.jpg
のローテーションになりました。。。orz

ええ、はなまるマーケットに出られそうなほど(笑)
冷凍保存術活用しまくっています。


まあ、マルケの小さい村なんかに行くと、
切り売りピザ屋が13時には閉まっていたり
(=聖堂見学を終えるとすでに閉まっている)
それ以前に夏休みだったり
さらには切り売りピザ屋やバール自体が見あたらなかったり
するので、お弁当持参は必要なんだけどね。。。


あー、でももう少しメインのおかずの種類を増やしたいなー。
でも、冷凍保存の効くおかずってあまり思いつかない。。。
(朝早く出かけるので、詰めるだけの状態じゃないとツライたらーっ(汗)
だれかアイデアください。。。
posted by maimai at 07:42| ローマ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ぱんだ日誌 4日目 サン・エルピーディオ・ア・マーレ

カステル・トロジーノからは、高速ルートで一旦アドリア海へ。
アドリア海側から高速に乗り、目指すはサン・エルピーディオ・ア・マーレ(S. Elpidio a Mare)

今日は、この街で中世祭りが開かれているのです。
マチェに帰るにはちょっと遠回りになっちゃうけど、
せっかくなので見に行くことにしました(  ̄ー ̄)ぴかぴか(新しい)

2日前にも中世祭りに行ったやん、ってツッコミは無しってことで。。。だっていろいろ見てみたいんだもん。

日がだんだんと落ち始める8時頃、
街を揚げての中世祭りが始まります。

入り口で5ユーロ払って街の中に入場すると、
お出迎えしてくれる兵士さん
P1030307.jpg

広場もライトアップ。
街の各地区の紋章が飾られています。
P1030269.jpg

街のあちこちでは中世の格好をした人たちが
パフォーマンスをしています。
P1030290.jpg

家の中では、豪華な衣装のご夫婦がいたり
P1030287.jpg

糸を紡いでいるおばあさんに
P1030273.jpg

布を織っているおばさん。
P1030274.jpg

おばさん 「シニョリーナはどこの人?」
私「あ、日本人です」
おばさん 「そうなのー。中国にもこういう機械はあるのかしらー?」
 ・・・また日本は中国の一部だと思われている( ̄Д ̄;)
私「日本にも形は違いますけどありますよー」
なんて会話を交わしつつ見学(´∀` )


本日のメインは、旗を使ったパフォーマンス。
・・・でも人が多すぎてよく見られなかった・・・(´・ω・`)
P1030301.jpg


まだまだ夜中まで続くそうだけど、
一通り眺めて堪能したら、マチェラータヘ。


本日の走行距離車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま) 269km
・・・今日はよく走った・・・
posted by maimai at 08:36| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱんだ日誌 4日目 カステル・トロジーノ

休憩の後、向かったのはアスコリの南約6kmの山の中にある
小っちゃい村、カステル・トロジーノCastel Trosino。

朝に引き続き、山のなかをくるくるくるくるして(((。o)))((((゜o。)))
目の前に現れたのは、本当に山の合間にぽつんとある
小さな村でした。
P1030251.jpg


今書いてるレポート関連で
ここの聖ロレンツォ聖堂を見学するのが目的です( ̄ー☆)


・・・実は、作品自体はとっくの昔に売られちゃってるし
アスコリ図書館で見つけた資料によって、
聖ロレンツォ聖堂は18世紀に再建されたことがわかっちゃったから
あんまし関係ないかもしれないけど、見られるもんはやっぱり見ておきたい、ってのが人情さ<( ̄^ ̄)>



で、肝心の聖堂はというと、
P1030265.jpg
閉まってるし(〃゜▽゜;A


って、こんなのは想定内さっ(;゚ー゚)
なんせアスコリの観光局でも何の情報もないと言われていたのです。
こーいうときは、ぶっつけ本番で乗り切るほかないのさっ( ̄0 ̄)/

まずは人の気配のする方へ・・・と。
おばあちゃんとおばちゃん2人発見っΣ(゜∇゜;)!!


「すみませーん、あそこの聖堂、閉まっているんですけど
見学はできませんかね?」

おばあちゃん「あー、今はね、閉まっているよ。ミサがあるときには開くんだけどね」

うんうん、想定内だわ。
今は5時、ミサの時間まで根性で待つつもりだったもん・・・

おばあちゃん「ミサはね、日曜の朝だよ」


・・・

・・・・・

・・・・・・・ハイっ?Σ( ̄□ ̄ノ)ノ


「え、今日はないんですか??」

おばあちゃん「ミサは日曜の朝だけだよ」


・・・このあたりは聖堂はここしかないから、
毎日ミサやっていると見込んでたのに、日曜だけって(・∀・;)

えっと。。。じゃあ、最後の手段で行くか。

「すみません、聖堂の管理されてる方、もしくはその知り合いの方の連絡先わかりませんか」

以前にも、現地で連絡先を聞いて、
神父さんの家へ街の人たちと押しかけて、
聖堂を開けてもらったりしたことがあるのです、ハイ。

おばあちゃん「んー、鍵をもっている司祭さまは、ここに住んでおられないのでね。」

( ̄□ ̄;)!!

おばあちゃん「今日の8時くらいに来られるかもしれないし、来られないかも知れない」

あ、曖昧なのね( ̄Д ̄;)
日曜日に出直す方が良いみたいね、これは。。。orz

また山道をくるくるしにくるのか。。。ふぅ。


posted by maimai at 03:00| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱんだ日誌 4日目 アスコリ・ピチェーノ

午前中しか開いていないアスコリ・ピチェーノAscoli Piceno市立図書館に行くために、朝マチェラータを出発車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

以前アンジェラに連れて行ってもらったときは、
いったんアドリア海に出て南下し再びアスコリに入る高速道路コースやったけど。。。

地図を見る限り内陸を突っ切ったほうが早そう( ̄▽+ ̄*)ぴかぴか(新しい)
内陸ルートは高速代ふくろもかからへんし、
それに高速でイタリアの流れに乗る運転したらガスガソリンスタンド食いまくるのは確実やしバッド(下向き矢印)

よし、内陸ルートで行こうっかわいいo(゚∀゚*)oかわいい



山道もあるけどけっこうスムーズに行けるし、高速代もかからへんし、いいんちゃうの〜るんるんるんるん
・・・と、思っていたのです、アスコリの手前30km地点までは。

アスコリに近くなると、いきなり険しい山々が現れました( ̄Д ̄;)
上がったり下がったり曲がったりくねったり、
忙しいことこの上ありません\(ロ゜\)(/゜ロ)/

現れる標識も
「動物飛び出し注意」
「横滑り注意」
「落石注意」
「積雪注意」
「この先ヘアピンカーブ5つ」

と盛りだくさん。

。。。なんかもう看板まで投げやりな気がするんですけど( ´Д`)

P1030190.jpg
山道の途中でパチリ。
シビリーニ山脈が目の前に迫っています。

。。。地図に街の標高が書いてあるのはこれを予想しろってことなのね。。。勉強になったわ。。。


そんなこんなで到着したのは1時間50分後
アンジェラに連れてきて貰ったときは1時間20分やったし、
やっぱり高速が一番早いのかorz

ま、1時間50分でも、バスの3時間半に比べたら早い早い(^-^;)


予定よりも遅くなっちゃったので急いで市立図書館へ行って、閉館時間まで作業。

P1030249.jpg
閉館後、アスコリに来たからには外せない、カテドラルにあるクリヴェッリの《アスコリ・ピチェーノ祭壇画》をみてエネルギー補充。

P1030250.jpg
さらに車でサンティッシマ・アンヌンツィアータ聖堂前まで行き、前の広場でお弁当をパクつき、エネルギー補充第2弾。
鳥の南蛮漬けウマー(゚∇゚)
P1030188.jpg


景色のいいとこで食べるお弁当はいいねぇ。遠足みたい。(*^.^*)

休憩のあとは、第二の目的地、カステル・トロジーノCastel Trosinoへ!!

・・・長くなったので続くっ
posted by maimai at 02:15| ローマ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

相棒はパンダ(*゜ー゜*)

本日よりマルケの行きたい美術館、聖堂、図書館などなどを攻略すべく、
相棒がやって来ました。(正確には迎えに行きましたるんるん

P1030068.JPG
FIATのパンダ君です。
オレンジ色でド派手ぴかぴか(新しい)
流石イタリア。。。でもどうせならピンクにして欲しかった(笑)


相棒と言っても買ったわけではなく、
というか買えるわけもなく、
一ヶ月の専属契約(=レンタ)をお願いしました( ̄ー ̄;

レンタなのに走行距離1万ちょい、
傷一つ無く、すごい良い状態の車が現れてびっくり( ̄▽ ̄;)

。。。でもランチャのイプシロンが来るはずだったのになぁ。。。
実はランチャ運転してみたかったのに・・・



日本を離れて約1年、ということはすなわち、車の運転も約一年ぶり車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
イタリアで運転する、すなわち左ハンドルマニュアル車、右側通行は約3年ぶりです。



ということで、やっぱり

「さぁ、行くぞー手(グー)」とレンタスペースから公道に出ようと
ウィンカーを出したつもりが
ワイパー動かしてたり( ̄Д ̄;)     (まあお約束。左右逆やし)

ライト付けるつもりが
後ろのワイパー動かしてたり( ̄▽ ̄;)!!  (お約束お約束)

エンストさせてみたり(´Д`|||)           (お約束だけどダサ・・・)

ギアチェンジのタイミングが遅かったり(;´Д`A   (3速で引っ張りすぎだ、私は)

入ろうとするロータリーに車を見つけると
「ほぇー」と叫んでむやみに緊張したり(o;TωT)o" 
(2−3車線のロータリーは慣れない・・)

ロータリーをなぜか2周してみたり(・_・*)(*・_・)     
(どうやったら連なる看板から目的地の看板を一瞬で見つけられるんだ?)

入りたそうな車に道を譲って、後ろの人から大ブーイングを受けたり(ノ_・、)
(ずーっと待ってはっても譲らないんだよね。。)

駐車場の出口に向かって突進したら、
一時停止に見えていた看板は実は進入禁止
そこは出口じゃなくて入り口だったとか(゜ー゜?)(。_。?)
(まあ、お約束・・・??かな。)


一通りのお約束はこなしました。
うん、もうやらないぞっパンチと。


安全運転第一でいくぞっ
よろしくね揺れるハートぱんだるんるんるんるん
車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
posted by maimai at 20:22| ローマ | Comment(4) | TrackBack(0) | イタリア日記ーぱんだ日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

ペルメッソその後

キーボード不調でブログが更新できなかった間に、
ペルメッソ更新手続きは着々と進んでいた・・・ようです(←実感が無いたらーっ(汗)

前回の記事より2週間後の日曜日の朝8時ちょうどに、SMS受信を知らせる携帯。

日曜の朝からなんだーっと開いてみると。。。

「受付番号_○×▽□_
2007年10月×日9時12分、
写真確認のためマチェラータのクエストゥーラに出頭されたし」

・・・はぁ。
出頭命令ねえ ←まだ寝ぼけている


って。出頭命令!?ええ??ウソやろ( ̄▽ ̄;)


書いてあることを理解すると同時に、
メールが本当に警察から来たモノなのかどうか、疑い出す私。


だって、
自動送信にしろ
日曜の朝8時にメールを送ってくるとか、
9時12分て訳わからん分単位の時間指定とか、
なにより提出して2週間しかたってないのに処理されているとか、
今6月なのに10月の出頭命令とか、

はっきり言って胡散臭い

どっかに、「なーんちゃってウソだよーん」と書かれていないか、
部屋にどっきりカメラが居ないか、

真剣に探してみるも、どうやら悪戯では無い様子。。。


新システムで、変にイタリアらしくないところがあると同時に
イタリア伝統のなかなか進まないお役所仕事システムも残っているから、戸惑うんだよね┐(-。ー;)┌


そのメールからさらに2週間後、今度は書留で出頭命令が来たので
どうやら本物のようです。


問題は、書留の方に「所得証明の書類が欠けています」とあったこと。


しょ、所得証明て??Σ( ̄Д ̄;)
そんなんイタリアで働いてへんねんから、ありませんてΣ(|||▽||| )

残高証明ならちゃんと提出したのに・・・


クラクラしながら、クエストゥーラに文句を言いに・・・
行くのは遠くて暑い道程なので、とりあえず「問題があったらいつでもいらっしゃいるんるん」と言ってくれてたペルメッソ申請を手伝ってくれる事務所に聞きに行ってみると。。。

「え、あなた学生でしょ。それじゃあこんな書類いらないよ。
あー奴らも何がいるか解ってないんだよー」とのこと。

ふう┐( ̄ヘ ̄)┌
事務所の言葉を信頼していいもんかどうか怪しいけど、
(クエストゥーラまで聞きに行って揉みくちゃになるのは嫌だし)
とりあえず10月に出頭して様子を見てみますか。。。

。。。10月って大分先だなぁ。。。( ̄。 ̄ )ボソ...



posted by maimai at 01:06| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア日記ーいつもまいまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。